master55gogo

投稿者:master55gogo

タクシードライバー転職の面接対策!想定質問集への良い答えとは

タクシー業界の採用事情について

今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。しかしながら勘違いされやすいのが、タクシー経験があったり、2種免許があったりすれば、どこのタクシー会社でも簡単に転職できるということです。

 

実際は決してそんなことはなく、タクシー経験者、つまり現任者は未経験者に比べて転職の際にかなり厳しい目で見られることも多くあります。

 

 採用から養成まで優しいタクシー業界、転職組には厳しいタクシー業界

タクシー業界は今人手不足です。平均年齢は58才を超えており、ドライバーの若返りと、他業種からの新たなタクシードライバーの成り手の養成が業界全体としての課題となっています。

 

そのため、未経験者には継続してタクシー業界で働いてもらおうと2種免許の取得費用を負担したり、給料保証を付けたりと今まではやっていない試みを実行する会社が増えてきています。

 

その一方で、転職組を採用するときの状況は未経験者とは大きく変わってきます。具体的に転職組は未採用と違いどの部分を厳しく見られてしまうのか?採用担当者が面接前に応募者のここを確認するというパートについて説明します。

 

タクシー業界経験年数
タクシー会社の転籍回数
退職理由/転職理由
過去の営業成績
過去の違反内容

 

です。その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、転籍回数と在籍年数です。これは退職理由とセットでズバズバと質問される項目です。特に短い期間で転職を繰り返していると採用担当も「なぜ?」と感じてしまいます。

 

転職回数自体が悪く見られるのではなく退職理由をうやむやに答えてしまうと採用担当としてはマイナスイメージにつながるリスクが高まります。例えばこのような質問を採用担当者からされたときどのように応えるべきなのか?

 

  • ・どうして、当社の面接を受けようと思ったのですか?
  • ・どうして、タクシーの仕事をしようと思ったのですか?
  • ・過去に何度か転職されていますが何故ですか?

 

面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問に萎縮してしっかりとした受け答えができなくなることです。正直、退職理由をストレートに聞かれて平常心を保つのは難しいかもしれません。

 

しかし、採用担当としてはあなたを威圧しているつもりはありません。タクシー業界で働くのは、時に一般企業よりも忍耐力が求められることもあります。タクシーのお仕事ではさまざまな年齢、性別、性格のお客様の対応が必要になります。

 

その中であなたがどう立ち振る舞えるのかが面接で試されていると考えてみましょう。たとえ過酷な環境で退職に追い込まれたことがあったとしても、その経緯だけでなく厳しい状況の中でも自分としてはいかに改善しようと努力をしてきたのか、どんな工夫をしてきたのかが答えられると好印象を与えることでしょう。

 

要は正直に聞かれたことを堂々と応えること、下手にカッコつけても採用担当者は人を見抜くのが仕事でもあるので安易なウソや詭弁はするべきではありません。

 

面接時の服装について

社会人として経験を積まれた方なら当然理解されているはずですが指定された面接日に私服で出向くことは避けてください。社会経験の少ない若い人ならまだ許される(普通の会社なら面接しても採用するは躊躇すると思いますが)範囲でも年齢を重ねた人だと常識を疑われることでしょう。

 

基本は派手すぎない程度のスーツ上下で面接に望めば充分です。できればクリーニング済みの綺麗な状態なら尚よいでしょう。

 

タクシードライバーは接客業の側面も持っているので最低限身なりに気遣いができる人でないとお客様に不快感を与えるリスクもあります、採用担当者もその点はチェックポイントとしてチェックします。

 

必要以上に着飾る必要はありませんがスーツとネクタイ、髪の毛が伸びている場合は清潔感を感じてもらえる程度に整えて面接への準備をしましょう。

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーで年収1,000万円は可能なのか?個人タクシーなら行ける?真相はいかに。

年収1000万円稼ぐタクシードライバーとは

まず覚えておく必要があるのはタクシードライバーは月平均で12日から多くても15日程度しか勤務できない職業であると言うことです。これは隔日勤務を参考にした日数ですが夜勤務た定時制勤務でも必ず休みを取ることが定められているので毎月休みなしの勤務は認められません(ブラック会社ではあるかもしれません。)

 

それを踏まえて年収1000万円をクリアするには単純にひと月12回乗務×12ヶ月の合計ですから、月収平均でひと月83万円、12回乗務のうち1回の乗務で最低69,400円以上稼ぐ必要があります。

 

調子の良い月なら達成できるかもしれませんが年間とおして継続するには高い目標と言えます。首都圏タクシードライバーの1日平均の売上が4万円前後がおおく内6割ほどが運転手の売上です。

 

上記の説明で如何に1000万円を超える事が難しいか理解できると思います。その中でも1000万円を達成したドライバーが存在するそうですがどのように達成したのか考察してみます。

 

お客様の単価が高い黒タクドライバーになるのが条件

タクシードライバーの運転するタクシーの種類について説明します、運転するタクシーによって利用されるお客様の層にも違いがあるので面白いと思います。タクシーと言えば、想像するのは黄色や緑色、オレンジ色などのカラフルな色合いの車をイメージする方が多いと思いますが一般の人がよく利用するのがこの「黄色系のタクシー」です。

 

黒く塗っているタクシー「黒塗りタクシー(以下、黒タク)」と呼ばれるタクシーが存在しますがが、こちらはより高級感があり高級車をハイヤーに用いたりするタクシーを指します。

 

「黒タク」は、高級感があり、富裕層なお客様に選ばれる確率の高い人気のタクシーなので料金も通常より高く設定されるケースがおおくタクシードライバーで稼ぎたい人が目標とするタクシーでもあります。稼ぐための憧れ「黒タク」ですが実は簡単に運転手になれないタクシーでもあります。「黒タク」のタクシードライバーになるには色々と条件があり誰でも簡単に乗れるわけではありません。

 

黒タクドライバーになる条件とは

黒タクのドライバーになるための条件は各会社で細かい条件は違ってきますが必ず共通する点は最初に上級乗務員資格を取得する必要があること。上級乗務員資格を持っていないタクシードライバーは黒タクになれないと考えてよいでしょう。

 

各タクシー会社によって黒タクのドライバー講習もあり、黒タクドライバーの心得やマニュアルなどの説明があります。その講習の中で、黒タクのサービスにとって必要不可欠な接客接遇やドアサービス等のテクニックを実践する研修があります。この研修で優秀な成績を収め、かつここが重要な条件となりますが、数年間無事故無違反であることが絶対条件になります。

 

年齢にも若干条件が設けられていて65歳以下という基本的な制限があります。

また会社によっては同じ営業地区でタクシー乗務を2年以上経験しなくてはいけないという乗務経験も重視する条件が設けられるケースもあります。

 

やはり黒タクのドライバーになるにはクリアすべき課題もおおく数年間の下積みは必要なります。また、一番肝心な点ですが就職される会社に黒タク部門があるか?を事前に確認してください。

 

会社によっては黄色タクシーが多く黒タクはごくわずかで既にドライバーが決まってるケースもおおく(地方の大きなタクシー会社によくある事例です)どんなに頑張っても黒タクの空きがなければ乗ることは叶いません。

 

黒タクに乗れるタクシー会社

タクシードライバーとなり黒タク運転手となって高収入を目指すなら就職するタクシー会社をよく選ぶ必要があります。まず地方の小さなタクシー会社では黒タクに乗れる可能性は少ないと考えてよいでしょう。

 

やはり大都市に会社を構えていて黒タクも多く扱っている大きなタクシー会社に就職する必要があります。大きな会社だけに黒タクを利用するお客様も社会的地位の高いお客様も多いので運転手もコミュニケーション能力や周辺の道路情報、観光ネタや時事ネタなどお客様からの質問や会話にもそつなくこなす能力が重要視されます。

 

そして当然ですが安全運転と違反歴、事故歴のない過去の実績も重要視されます。これらをクリアして念願の黒タクになってもお客様からリピートして頂かないと思ったより稼げないという現実が待ち構えています。

 

お客様の単価が高くても黄色タクシーのように流し営業などできません、むしろお客様からの指名を待つ形となるので如何に自分を指名してくれる上客を掴むかを考えて営業しなくてはなりません。

 

こういった条件をクリアできた黒タクドライバーだけが年収1000万円という収入を手にすることが出来るのでしょう。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーのアルバイト・勤務時間・給料・歩合・求人情報まとめ

タクシードライバーの正社員とアルバイト・パートの違い

タクシー運転手の中には長時間の勤務が難しい人向けにアルバイト勤務もあります。基本的には二種免許所持者で経験ありが募集条件となりまったくの新人の場合、会社側の投資するメリットが少ないため敬遠されがちなのが実情です。

 

最もわかりやすい正社員との違いは勤務時間です。 基本的に正社員は決められたシフト時間で働き給与が支払われます。 勤務については勤務シフトで管理されることになりますが、希望する曜日や時間ももある程度まで自分で時間を決める事が出来るので一定の日にちだけ働きたいという人には向いています。 二種免許と経験がある人なら週に数回一定時間働く副業として稼ぐことも可能です。

 

正社員とアルバイトでは給与も当然違います。タクシー業界は基本的に歩合制ですが、歩合制の有る職場と時給制の職場が有りお客様をのせて距離を走るほどに給与が上がる仕事です。しかし、アルバイト採用で時給はとても安いので 歩合制の方が効率良く給与を貰う事が可能です。アルバイトとはいえ経験あり二種免許ありの人なら歩合制でも充分稼ぐことが可能です。

 

また最初のスタートはアルバイト扱いでも勤務態度や営業成績次第で会社側から正社員への誘いもあります。タクシー業界は慢性的な人手不足ですから即戦力を常に求めています。

 

アルバイト・パート給与について

タクシードライバーのアルバイトの給与のおおくは固定給の場合は1,000~1,200円程度、歩合制の場合は、800~1,500円程度で売上によって大きく変動します。あまり営業が得意出ない人は固定給でのバイト、すでに経験がありガンガン稼ぎたい人は本人次第で売上が伸ばせる歩合制でのバイトから選ぶと良いでしょう。

 

仕事内容は正社員タクシードライバーと変わりはありませんが固定給アルバイトの場合は近距離や遠方のお客様中心にシフトを組む場合が多いそうです。これは近距離、遠方は歩合給のドライバーに敬遠されがちな為であり、敬遠されがちな近距離をアルバイトのドライバーに重点的にこなしてもらうケースも少なくありません。

 

歩合給のアルバイトドライバーの場合はお客様をのせて距離を走らないと稼ぎにならないので正社員ドライバーと同じように稼ぎやすいビジネス街、繁華街、駅前などを中心に流し営業や付け待ち営業をこなすケースが多くなります。

 

アルバイト・パートドライバーの勤務時間

アルバイト、パートのタクシードライバーの勤務時間は正社員と同じシフトでの勤務を会社側から求められるケースも少なくありません。しかし、タクシードライバーのシフトは拘束時間が長いのも多いためアルバイト希望者が敬遠しがちな点を考慮して正社員の人手が足りてない日や時間帯をアルバイトドライバーで補うケースが主流となっています。

 

勤務シフトをアルバイト契約のドライバーが自由に決めることは難しく全ての勤務シフトが自分の希望通りになるとは考えないほうが良いでしょう。ただし勤務シフトが会社側で一方的に組み込まれこちらの希望が無視される場合は後々トラブルになる可能性が高い会社と判断して速やかに次のアルバイト先を探したほうが賢明です。

 

勤務体系に関しては隔日勤務、夜日勤、定時制の3つとなりますがアルバイト、パートドライバーの多くは定時制のシフトでの勤務が多くなります。夜日勤は最も敬遠されるシフトなので主に正社員が担当となる会社が大半のようです。

 

隔日勤務とは
タクシードライバーの勤務形態で最もおおく採用される勤務体系です。1回の勤務の拘束時間が最大で21時間になる場合があるため、翌日は必ず明けで休みとなるのが原則です。この明け休み以外に通常の公休がプラスで間に加わります。

 

夜日勤とは
夜間専用のシフト。夜間から深夜、早朝の時間帯勤務になるため日中は別の仕事をし週に何度か夜勤務するアルバイトドライバーもいます。原則として昼間の時間帯は勤務はなし。隔日勤務と異なり毎日乗務する会社が多いので日中に仕事してからの勤務は体力に自信ある人向けのシフトです。休みは週2日から週3日ほど。

 

定時制とは
アルバイト・パートドライバーに最もおおく採用されている雇用形態です。通常の隔日勤務が月間12回程度の乗務と較べて定時制は月間8回程度の乗務勤務になるのが特徴です。乗務回数が少ないため給与は正社員と較べて低くなります。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

日本のどこでもタクシー乗務員働けるとしたら、今一番いいのは東京?大阪?名古屋?福岡?それとも地方??給料と物価のバランスや働きやすさなどで比較!

タクシードライバーで稼げるのは大都市に集中

まず先に結論から申し上げるとタクシードライバーで稼ぎたければ首都圏を中心とした大都市で営業する必要があります。一般的なタクシードライバーのひと月あたりの勤務回数は12回から15回程度で、この回数で確実に稼げるタクシードライバーになるには、多くのお客様に利用してもらうことが大前提となります。多くのお客様は地方都市で望めないのは誰しも理解できるはずです。多くのお客様に利用してもらうには人口密度の高い大都市が働き場となります。そこで他の大都市ではなく東京都を中心として稼ぎについて説明してみます。

 

人口密度の高い場所としてはやはり東京、大阪、名古屋などの大都市になりその中でも人口が最も多いのが東京都です。しかし、東京ならどこでもいいというワケではありません。都内でも特にタクシーのお客さんの利用が多いのが東京23区・武蔵野市・三鷹市の「特別区・武三地区」と呼ばれるところが最も稼げる場所です。

 

東京都以外の地方都市では、人の数も東京都内に比べて少なく観光が中心になってしまい稼ぎも都内に比べ劣ります更に観光名所は年間通して行ける場所でないところがおおく四季によって稼げる時期も狭まってしまいます。

 

勤務地を適切に選んでもタクシーの営業スタイル方法に誤りがあると稼ぎにつながらない点も理解する必要があります。タクシードライバーの稼ぎ方として大きく分けて駅や乗り場にタクシーを停めてお客様を待つ付け待ち営業と、道を走りながらお客様を探す流し営業、お客様の要請でお迎えにいく配車の3つに分類されます。

 

付け待ち営業の特徴は、タクシードライバーが順番にお客様を乗せる営業スタイルでお客様を選べません。近距離のお客様もいれば、遠方まで行く長距離のお客様もいます。この場合、近距離のお客様を数多く乗せても売上はあまり期待できません。

 

流し営業は、流しながらお客様を乗せる営業スタイルで主に繁華街やの飲み屋街などで行われる営業スタイルです。大きな繁華街、飲み屋街がある大都市ではマメに周回することで一定のお客様を乗せることも可能ですが週末に集中するため平日の売上が芳しくないというデメリットも発生しやすくなります。

 

付け営業、流し営業のどちらの営業スタイルでも下記ポイントを抑えて営業すると良いでしょう。

 

  • ・富裕層ちの多い場所(港区など)
  • ・大きな会社が多い場所やビジネス街(大手町周辺)
  • ・坂のおおい場所(杉並区、目黒区、世田谷区など)
  • ・飲み屋街、繁華街の多い場所(新宿区、渋谷区、新橋など)

 

タクシードライバーの稼ぎ方

一般的なタクシードライバーの勤務は月に12回から15回程度と言われますが1回の売上が平均は4万円前後が多く計算すると月48万円から60万円が売上となります。この売上から6割ほどがドライバーの売上となるので月額28万円から36万円前後の収入となります。

 

勤務回数で比例すると良い給与に見えますが固定された給与と歩合給を足した金額なので必ずしもこの金額が保障されるわけではありませんし、夜勤も含めての月額なので拘束時間で換算するとそれほど高級という訳でもありません。

 

そこで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いのか?あるベテランタクシードライバーの方の稼ぎ方を紹介します。今回、紹介させて頂くのはこちらの記事に紹介されている「大塚氏」です。

 

*参考記事 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他

 

●目的のない流し営業はしない
「都内の場合、山手線のターミナル駅をベース拠点に、お客を降ろしたら、一番近くて必ず捕まえられる別のベース拠点駅を目指す。その移動はお客ゲット確率の高いコースを選ぶ。流しは移動の手段」

 

●地域密着型は最悪、広域型営業を目指せ
遠距離のお客を降ろしたら急いで自分の地元に戻ろうとする運転手は多いが、これこそ愚策だと大塚氏は語る。

「長距離を空車のままで戻ってくるのは効率が悪い。降ろした先々でも、どこに行けばお客が拾えるか、営業エリア内のデータの蓄積が重要なんです」

 

●頭を使って知恵を出せ 知恵がなければ汗をかけ
自分なりの稼ぎ場を発掘するための情報収集は欠かさない。電車の終電時刻はもちろん、都内の大劇場の昼夜の終演時間、野球やサッカーなどの終了時間も頭に叩き込む。主な施設の2~3か月先までの行事日程を知らせてくれるFAXサービスもあり、取り寄せて頭に入れておくことも大切だという。

 

「情報が頭の隅にあれば、無駄な動きが減らせる。1000人規模のイベントでは約1割がタクシーを利用するので、それを逃す手はない」(大塚氏)

 

お得意様を捕まえる営業活動も大切だという。大塚氏の場合、馴染みの場所で、タクシーを通勤の足にしている人を探し、常に何人かキープしていたという。

 

●ロング狙いは御法度
「ロングかどうかは結局のところ運次第。仮に長距離客がいても都心まで戻るのに2~3時間かかれば、都心でこまめに乗車率を上げるほうが効率はずっといい。空車の時間帯を作らないことが大事なんです」(大塚氏)

 

タクシーは法律で一日走行距離365km以内、出庫から帰庫まで21時間以内と決められている。いかに空車走行をしないかが最大の勝負どころなのだ。

 

*一部、抜粋 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他 」より

 

如何でしょうか?

稼ぎ場で稼ぐことはもちろんですがタクシードライバーが敬遠しがちな遠距離や近距離でも稼ぐための工夫や心構えは参考にすべきポイントです。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

女性タクシードライバーの人口・年齢層や求人状況・平均給料は?・女性の転職に強い交通会社まとめ。女性ドライバーの需要はどんどん増しています!

女性タクシードライバー希望者へおすすめの求人

女性向けの求人とサポート体制の手厚さから当サイトで女性タクシードライバー求人を探してる女性の方へおすすめなのは日の丸交通株式会社です。求人内容でおすすめのポイントは年間休日233日を保障している点、女性タクシードライバーへのサポート体制が整っていること。女性社員には正式採用から1年間は月収23万円を約束している点です。

 

  • 年間休日233日保障!
  • ・新卒・中途採用随時募集
  • 女性ドライバー向けの勤務シフトあり
  • 地域保育園との連携で業務中の育児サポートも万全
  • ・定時制ドライバー募集
  • 3スタイルの勤務体系から希望のシフトを選べる

 

タクシー業界では近年、女性のタクシードライバー進出が目覚ましく業界をあげて受け入れ体制が整いつつ有りますが、その中でも日の丸交通株式会社はいち早く女性向けサポート体制を確立した会社です。
女性タクシードライバーの悩みの第一位はお子様が幼い場合、仕事中に育児を任せる人や託児所がない事での悩みですが、日の丸交通株式会社の女性タクシードライバーへのサポートはこれらの悩みを解決できるものです。

 

子育てサポート

地域の保育所と提携することで業務中はお子様を保育所に預けることが可能。(現在は世田谷区、江東区の東京ヤクルト販売(株)との提携保育所の利用が可能、今後も更に提携保育所を増やす方向)

 

条件ありですが自己負担額月1万円で利用可能(1年間限定)

 

週2日の勤務スタイル

育児を犠牲にすることなく働くことが可能。仮に朝8時に託児所にお子さんを預けて、9時から業務開始。15時には帰庫して退社して17時には保育園にお迎えにいく。こんな勤務スタイルも可能。お子様をもつ多くの女性タクシードライバーからの声を参考に実現したシフトです。

 

月額23万円保障

男性タクシードライバーにも採用して欲しい保障ですが現在は女性タクシードライバー向けの保障です。配属後1年間は月額23万円を保障し安定した生活ができるように配慮しています、タクシードライバーの収入は固定給+歩合給の合計となっており歩合給が稼げないと収入が上がりません。実際、タクシードライバーになったものの歩合給が上がらず辞めてしまう人も多い業界です。

 

日の丸交通株式会社では1年間限定ですが月額23万円を保障することで安定した生活ができるよう配慮し1年後には自ら歩合給で収入を稼げるようにサポートする組織となっています。

 

月額23万円を1年間保障する理由

日の丸交通株式会社が正社員となった女性タクシードライバーを対象に1年間月額23万円を保障する理由は離職者を出さないこと、女性タクシードライバーに安定した稼ぎを保障するための2つが目的となっています。

 

何度も説明していますがタクシードライバーの給与は基本的に固定給と歩合給の組み合わせで支払われます。固定給は売上の多い少ないに関係なく固定された給与で歩合給はタクシードライバーがその月に乗せたお客様の数と走行距離で上下します。タクシードライバーの給与が高い人はこの歩合給が多い人がほとんです。

 

逆にタクシードライバーで給与が少ない人は歩合給が少ない、つまりはお客様を乗せる回数と走行距離が短かったという事になります。正社員になりたての頃はタクシードライバーとしての慣れが必要な時期でもあり自分の希望する額より稼げない時期がおおくありますが、タクシードライバーの退職理由のひとつに稼ぎが少ないという理由はこの正社員になりたてから1年以内に集中します。

 

新人ドライバーが1年目からベテランドライバーより稼ぐのは至難の業なのですがタクシードライバーへ転職される人の多くが経済的に多くの現金を必要としている人もおおく一般サラリーマンより拘束時間が長く給与が稼げない場合、すぐに次の就職先を探す傾向が強く、これがタクシードライバーの離職率の高さをあげる原因のひとつとなっています。

 

特に女性タクシードライバーの場合、育児、家事で長く就業できないケースがおおいため新人ドライバー時代はより稼ぎにくい状況にあります。当然、離職率も高まるリスクが高くなり会社側にとっても正社員になるまでの投資が回収出来ないことを意味します。

 

そこで正社員から1年間は月収23万円を女性タクシードライバーには保障することで離職する人を防ぎ、1年間の保障の間に仕事に慣れ会社にとって必要な人材に成長してもらう、そして月額23万円を上回る稼ぎをできるタクシードライバーになってもらうのが目的となっっています。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシー転職道!乗務員・運転手の求人サイト。概要・求人数・掲載企業や強いエリア、口コミや評判は?

taxiten

タクシー転職道求人情報まとめ

転職道.COMの特徴についてまとめてみました。

 

  • 8都市(東京、埼玉、神奈川、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都)に特化
  • ・全国版206件、東京版119件、神奈川版23件、大阪版28件
  • ・上記8都市から各市町村での求人検索が可能
  • ・無料会員登録後は無料転職相談の利用が可能(電話対応)
  • ・現役タクシードライバーのコラム、Q&Aなどコンテンツが豊富
  • 地方からの転職者用に寮完備の求人情報がおおい

 

転職道.COMは主に8都市に特化した求人情報となり稼げる求人広告や目的に合わせた転職情報を探している人におすすめの転職サイト。無料会員登録後には電話での無料転職相談にも対応しています。

 

「転職道.COMは、タクシードライバーの仕事に特化したタクシー会社の求人募集情報サイトです。掲載する求人募集情報をタクシーの求人に絞ることで、他の求人情報サイトに掲載していないような細かな情報を掲載しています。

 

タクシーの求人情報に特化しているため、条件検索や、求人ページの作りもタクシー専門。東京都や神奈川県を中心に掲載。 未経験の方には分かりづらいタクシー業界の用語を説明するコンテンツもご用意。 タクシーで働くのに必要な資格やお給料など、タクシー業界へ転職するにあたって必要な判断材料になるかと思います。 また、当社では転職相談も受け付けておりますのでお気軽にご利用ください。」

 

*公式サイトより抜粋

タクシー転職道がおすすめな理由

転職道.comはその名の通りタクシードライバー運転手の求人専門の求人サイトです。タクシー会社専門の求人サイトは意外と少なく通常の求人サイトやハローワークではタクシードライバーの求人で好条件な求人を見つけるのは難しいのですが転職道.comでは全国おもに人口密度の高い大都市を中心に希望のお仕事を見つける可能性が高いといえます。

 

遠方の人にはサイト内のコラムに記載されたタクシー業界に関する疑問、タクシー運転手として働くにあたり必要となる知識なども確認することができます。一通りの確認事項はサイト内で完結できる作りなので応募前に見ておくとよいでしょう。

 

更に求人動画掲載企業もあり、その企業が如何に人材を求めているか、会社の雰囲気などを知るのに参考になります。他のタクシー運転手求人サイトと同様に電話による無料転職相談を行っており、サイト内を見ただけでは分からなかった疑問があれば直接相談も可能です。

 

また転職道.comに登録して自分の希望する条件を設定しておくと希望条件にマッチしているお仕事案内が届くシステムとなっています。また設定した希望条件を見た掲載企業側からも就職に関してスカウトメールも会員へ届きます。

 

もうひとつ便利なのがヤフー知恵袋のように自分の疑問に思っていることをサイト内の知恵袋にUPするとカウンセラーや会員から回答を得ることもできます。会員登録後は複数案件への応募手続きも簡単になるので多くの企業への応募を検討している人は会員登録がおすすめです。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーの平均年収・月給料データと、給料体系:固定給・歩合制(累進歩合)の違い、どちらを選ぶべき?

タクシードライバーの平均年齢は57.6歳

タクシードライバーの平均年齢と勤続年数についての都道府県別データを見ると、全国平均でのタクシードライバーの平均年齢は57.6歳となっており、一番平均年齢が高い都道府県は高知県で64.9歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、山形県の53歳となっています。
比較的年齢層が高いイメージがあるタクシードライバーは、データから見ても50~60代が全国平均となっています。タクシードライバーの勤続年数は8.8年
一方で、今実際に働いているタクシードライバーの平均勤続年数は全国平均で8.8年となっています。平均年齢と勤続年数からおおまかに計算すると、タクシードライバーは40代後半や50代になってからはじめる方が多いということでしょう。

 

高齢でもタクシードライバーをはじめられる理由

タクシーは稼ぎやすい。
タクシードライバーへの転職を希望される方にも50代や60代でタクシー未経験の方は多くいらっしゃいます。その理由の一つとして大きいのは、50代や60代のタクシー未経験であっても、稼ぎやすいというタクシードライバーという仕事の特徴があります。

タクシードライバーのお給料は歩合制をとるところがほとんどで、未経験者の方はタクシードライバーは稼ぎづらいのではないかな?と思う方も多いのですが、例えば東京のタクシードライバーであれば、50代、60代で未経験であっても、比較的すぐに年収400万円程度稼ぐことも可能ですし、たくさん稼ぐ方ですと、800万以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

歩合制ではあり、お客さんをいかに見つけるかがタクシーで売上のポイントではありますが、タクシー会社での研修制度はしっかりしていますし、配車予約や専用乗り場など、未経験でも稼ぎやすい仕組みになっているため、未経験でも全く問題ありません。

関連リンク:東京のタクシーが稼ぎやすい理由
タクシーの免許取得はタダ!?
もう一つの理由として、タクシードライバーへのなりやすさというものがあります。タクシードライバーになるには、2種免許を取得する必要があります。普通免許を既に取得して一定期間経過している方であれば、教習所へ10日~2週間程度通えば取得できますし、そこでかかる二種免許の取得費用も全額タクシー会社が負担するというのが一般的です。

そういった、免許の取得のしやすさ、タクシードライバーのなりやすさもタクシードライバーを目指す方が多い理由です。

関連リンク:タクシードライバーは実はとても良い仕事な理由

さらに50代や60代の方がタクシードライバーになることをおすすめする最大のポイントは、他の職種に比べて非常に長く働けるというところです。
一般の会社であれば、65歳で定年になるところがほとんどですが、タクシー会社の場合は、70歳以上でもしっかりと稼いでいる方も多くいますし、また今まで隔日勤務という夜勤も含めた勤務形態から、70代になってから定時勤務という決められた時間の中で働くという勤務スタイルを選ばれる方も多いです。

このように、高齢になってもしっかり稼ぐことができ、またライフスタイルに合わせて勤務時間を減らすこともできるというタクシードライバー特有の『長く、細く』働くことができるという特長が人気を集めている理由です。

 

平成27年 タクシー運転手 年収結果

平成27年のタクシー運転手の平均月収は24万円、そこから推定される平均年収は308万円(ボーナス込)、推定時給は1,226円でした。過去8年間の収入推移を見ますと、年収ベースでおよそ250~300万円、月収で23~25万円付近で推移しています。

 

平均年収

 

タクシー運転手になるには?

タクシーの運転手になるには二種免許が必要になります。二種免許は教習所などで取得できますが、タクシー会社によっては二種免取得までのサポート体制があるところもあります。ちなみに個人タクシーとして業を営む場合は、国土交通省が実施する試験(実務経験10年以上)に合格する必要があります。

 

拘束時間が長く体力勝負の仕事 自由がきくのはメリット

一般的にタクシー運転手は他の職業に比べ勤務時間(拘束時間)が長いのも特徴です。タクシー運転手の1日の労働時間は20時間ほど。厳密には、常にお客さんを乗せているわけではないので労働時間とは言えないのかもしれませんが、拘束時間が長いのはこの職業の特徴です。一方で、タクシー運転手のメリットとしては他の職業に比べ比較的自由がきくところです。もちろん、現在のタクシーは全てデータ管理されていますので、好き勝手やっていいわけではありませんが、一度営業所を出てしまえばある程度の自由はききます。オフィスで机を並べて仕事をするわけではありませんので、嫌な上司と顔を合わせながら小言を言われることはありません。ただし、タクシー運転手の給与は歩合制となっています。自由がきく一方、収入は自分の働きしだいですので一生懸命働かなければ見合った収入は得ることができません。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーの転職:志望動機ってどう答えるべき?良い答えのサンプルもまとめました

タクシードライバーへの志望動機のまとめ

タクシードライバーの求人広告は求人情報誌やハローワークで目にする機会がおおいことからも常に人手不足な業種の代表格と言われます。就職難と言われた時代でも変わらず求人広告を出ることで就職しやすい印象が強いのですが、就職後の離職率が高いのもタクシー業界の特徴のひとつです。

 

タクシードライバー給与体系の多くが小額の固定給と走行距離による歩合給という形が大半でお客様が乗らないは手取りが少なくなるデメリットがあります。積極的に働かないと給料が上がらないので怠け癖のある人や受け身の人には向いていない職種のひとつです。実際、タクシードライバーに向いてる人、向いていない人は存在します。では、適正のある人とはどのような人達でしょうか?

 

タクシードライバーに向いてる人のまとめ

ずばりタクシードライバーの適正がある人とはどのような人なのか?
サービス精神が豊富な人
タクシードライバーの仕事ではお客様との会話が必要となります。目的地の確認もそうですし、車内で話しかけられた時に相手に不快な気分にさせない程度のコミュニケーション能力も必要です。観光地への送迎ドライバーの場合にはちょっとしたバスガイド的に名所や名物についてお客様に説明できる能力も必要となるケースがあります。

 

お客様に合わせることができる能力

すべてのお客様と上手くコミュニケーションを取るのは大変難しい能力です、話しやすいお客様、気の合うお客様ばかりが利用するなら問題ありませんが時には機嫌のわるいお客様、短気なお客様、泥酔して絡んでくるお客様の相手をする時が必ずあります。時には暴言を浴びて精神的にキツイこともありますが目的地へ送り届けるまではお客様の相手をしなければなりません。そういった面で相手が望まない人でも合わせる事ができる能力も必要といえます。

 

タクシードライバーの志望動機に入れるべきポイント

志望動機で面接官へ好印象を与えるために取り入れるべきポイントは以下となります。履歴書の応募動機や面接の際は是非とりいれてみてください。

 

  • ・まじめ、実直、誠実な性格
  • ・車の運転が好き、車が好き
  • ・人との会話が好き、旅行や観光名所巡りが好き
  • ・頑張った分だけ稼ぎたい
  • ・健康、体力に自信がある

 

採用側で重視するのがコミュニケーション能力・体力面です。長時間の送迎業務は予想以上に体力を消耗するので体力に自信のない人にはキツイ職場です。健康な人、体力面で自信のある人は有利と言えます。

 

「コミュニケーション能力が高い=お客様と良い関係を作れる」と考えると良いでしょう。タクシーを利用される様々なお客様に柔軟に対応できるコミュニケーション能力が求められます。お客様かからの印象が良ければ次回には指名して下さるチャンスもあります。指名の多いタクシードライバーは会社にとっても稼いでくれる社員です。
タクシードライバーへの志望動機の具体例

最後に、タクシードライバーの志望動機の具体例を紹介します。志望動機の書き方に悩む人は、具体例の書き方を参考にポイントをおさえて、自分を効果的にアピールする志望動機を作成してください。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
私は長年、スーパーチェーンの配送部門に勤務し、商品のトラック配送を担当してきました。事業縮小によって退職を余儀なくされたため、自動車の運転技術を生かせる仕事として、タクシードライバーへの転職を決心しました。貴社は県内随一の伝統あるタクシー会社であり、地域住民からの信頼も厚く、もっとも安心して働ける職場であると思い、応募させていただきました。
時節柄、タクシーの仕事も楽ではないと覚悟しておりますが、安全運転に配慮しながら、お客様へのサービス第一をモットーとしてがんばりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
この度、貴社のタクシードライバーの求人に応募させて頂いたのは、貴社の地域に密着したサービスに魅力を感じたからです。私はこれまでトラックの運搬ドライバーをおこなってまいりましたが、商品を運搬する毎日を過ごす中で、もっと人と触れあい、人に直接奉仕ができる仕事に就きたいと思うようになりました。
そこでタクシードライバーになることを決意したものの、一般的なタクシー会社では、なかなか人と深く関わることができないと考えました。地域密着型の貴社は、地域の人に丁寧にサービスを提供することができるという意味でとても魅力的で、今回応募させて頂きました。今までのドライバーとしての経験を活用して、貴社のタクシードライバーとして大きく貢献したいです。宜しくお願い致します。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
業界誌の記事で社長の経営理念を知りました。利益を社会に還元していくことで会社を成長させるという考え方に、たいへん共鳴しました。それを実現させるシステムが整っていることにも将来性を感じています。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
貴社を志望したのは、自分自身を正当に評価していただける会社だと思ったからです。実力主義を取り入れ、年齢に関係なく社員の力が給与に反映される貴社の環境であれば、負けず嫌いの私はどこまでも頑張って仕事をできると思います。

 

以上、タクシードライバーになるための志望動機の書き方と例文をまとめて紹介しました。タクシードライバーは、未経験者歓迎の求人が多く、挑戦しやすい職種です。ただ、現在は、一種の接客業という位置づけでもあるので、安全な運転技術や地理を学ぶ意欲があることに加え、きちんとコミュニケーションできるかどうか、が採用の可否に関わるようです。なお、タクシードライバーになるには、普通第二種免許免許が必要です。こちらは、採用後に会社の補助を受けて取得できますが、普通自動車免許を取得して3年経たないと受験資格がないので注意が必要です。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

kmグループ(国際自動車株式会社)は給料が高い?求人採用情報・評判などまとめ

km

多彩な職種とサポートが魅力のKmグループ求人まとめ

Kmグループ(国際自動車グループ)の求人内容まとめです。Kmグループの求人内容の魅力はまずタクシードライバー以外にもハイヤードライバー、バスドライバー、バスガイド、整備職、コールセンタースタッフなど多種業務の求人募集も行われている点が他社求人との最大の違いです。

 

求人募集で特に力をいれているのが「新卒採用」と「女性ドライバー採用」の2つ、もちろん中途採用も随時募集されています。以下、Kmグループで募集している職種一覧となります。

 

  • ・タクシードライバー
  • ・ハイヤードライバー
  • ・バスドライバー
  • ・バスガイド
  • ・整備職
  • ・コールセンタースタッフ

 

新卒、中途採用ともに随時求人募集しています。次に職種ごとの募集項目について説明してみます。

 

タクシードライバー求人内容

仕事の内容

東京23区、武蔵野市、三鷹市を中心に営業活動を行い、ホスピタリティを発揮しながら街中の「困っている人」を助けるお仕事です。多くのお客さまから感謝される、大変やりがいのあるお仕事です。
女性ドライバーの勤務環境も整っており、今では100名を超える女性ドライバーが在籍しています。男女ともに活躍できる環境で、kmグループのタクシードライバーとして、ホスピタリティ豊かなサービスの提供を行っていただきます。
雇用形態

正社員
求める人材

ありがとう。と心から感謝できますか?
向上心はありますか?

kmグループは旅客運送事業においてホスピタリティ豊かなサービスの提供を追求しています。そこには技術だけでなく、思いやりの心がなくてはいけません。そのため、お客さまに喜びを提供することに重きをおいて行動できる方を仲間としてお迎えしたいと思います。例えば「ありがとう」と心から感謝できる方。
サービスのプロを目指し続ける「向上心」がある方であればホスピタリティ豊かなサービスを創造していけると思います。

 

★学歴不問、第二新卒、未経験者歓迎!
【応募条件】
■学歴・年齢・経験すべて一切不問!
■未経者験歓迎
■普通免許取得3年以上の方
入社の90%以上の方が未経験スタート!
事務職から、トラック・バス運転手まで、さまざまなお仕事をしていた方が入社しています。運転や送迎のお仕事をお考えの方も、そうでない方もぜひ一度お越しください。
★弊社全額負担で2種免許取得可能 (最短10日で取得可能)!
充実の研修で、安心してスタートできます!
★第二種運転免許取得者も歓迎します!
★遠方からのご応募もご相談ください!秋田、青森、静岡などからの入社例もございます。

 

勤務地
東京都内
国際自動車株式会社/東京都港区赤坂
<入社後は下記企業に転籍となります>

 

(1)台東営業所(台東区橋場 2-20-13)
(2)羽田営業所(大田区平和島5-8-3)
(3)三鷹営業所(三鷹市新川6-33-6)
(4)練馬営業所(練馬区関町南4-20-16)
(5)吉祥寺営業所(武蔵野市吉祥寺南町1-29-2)
(6)板橋営業所(板橋区坂下1-22-10)
(7)東雲営業所(江東区東雲2-6-1)
(8)世田谷営業所(世田谷区桜新町2-12-10)
(9)落合営業所(新宿区中落合1-5-7)
(10)横浜本社(横浜市南区六ツ川3-13-6)
(11)みなとみらい営業所(横浜市西区みなとみらい 2-3-1)

 

勤務時間
◎ 昼日勤(月間22~24日乗務)
出社時間:6:00~8:00 の間から選択
実働時間:7時間45分(他に休憩時間有り)
残業手当:有

◎ 夜日勤(月間22~24日乗務)
出社時間:18:00~20:00 の間から選択
実働時間:7時間45分(他に休憩時間有り)
残業手当:有

◎ 隔日勤(1日おきの勤務・月間11~12日乗務)
出社時間:7:00~9:00 の間から選択(その他の出社時間も選択可)
実働時間:15時間30分(他に休憩時間有り)
残業手当:有
給与

月給170,500円〜201,500円+成果手当+能率手当(全営業職の平均年収:467万円)
※研修期間中(第二種運転免許取得期間:最短8日間+取得後研修:最短22日間)は日給1万円+交通費支給。月締めで支給、交通費は3万円以内実費)
※研修終了後3カ月間、32万円(昼日勤の場合は25万円)の月収補償制度あり
※国際自動車株式会社(横浜)は隔日勤務30万円の月収補償制度あり
※国際自動車株式会社(横浜)は、月給15万783円+歩合給となります
※ノルマなし
※転籍後も給与・待遇・福利厚生に変更はありません
臨時給

年3回(3月・7月・11月)その他業績により支給
諸手当

普通自動車第二種運転免許取得費用負担、時間外手当、交通費全額支給(研修期間中)
休日・休暇

昼日勤/夜日勤の場合:月間7~8日、有給休暇・慶弔休暇有
※国際自動車株式会社(横浜)は月間6~7日
隔日勤(1日おきの勤務)の場合:月間17~18日(明け休みを含む)
保険・福利厚生

各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)、慶弔見舞金、kmグッドライフクラブ、労働組合加入後は全国の諸施設の利用可
教育制度

配属先研修、管理職研修(MTP)、資格取得研修
入社後に、第二種運転免許を取得するまで(研修期間:1ヶ月~1ヶ月半)、技能・学科研修およびサービス面の講習を実施します。免許を取得した後は、グループ企業へ転籍し、営業職としてのキャリアをスタートさせます。班長を中心としたベテランスタッフが安全教育(安全運転・事故防止)や営業教育(曜日・間帯によるお客さまの流れの把握など)を実施します。下記の資格取得をサポートしています。
◎運行管理者
◎衛生管理者
◎普通救急救命

 

* Kmグループ公式サイト「タクシードライバー求人要項」より抜粋

 

Kmグループ タクシードライバー以外のおすすめドライバーとは

タクシードライバーと同じ職務ですが更に稼ぎたい人におすすめなのが「ハイヤードライバー」という職業です。Kmグループで募集しているハイヤードライバーの利用層の多くがVIP層がおおく国賓、政府関連、企業役員などそうそうたるお客様の利用に対応するドライバーとなります。

 

タクシードライバーとハイヤードライバーの違い

利用されるシチュエーションが違うのが特徴。ハイヤーは完全予約制となり格式が重んじられる状況でよくご利用されます。官公庁や一部の企業では、事前に配車情報(車番、ドライバー氏名)を提供可能なハイヤーでないと敷地内に入れないケースがほとんど。

 

一方、タクシーは街中で手を挙げるなどの乗車意思を示しご利用いただくのが一般的です。個人や社員の帰宅送迎などに向いています。

 

タクシードライバーとハイヤードライバーどちらが稼げるか?

Kmグループでは、ハイヤードライバーの場合、タクシードライバーに比べると固定給が高く、その代わり歩合の割合が低くなっています。一方のタクシードライバーは、ハイヤードライバーと比べると固定給が低く、その代わり歩合の割合が高くなっています。

 

安定した売上を優先したい人にはハイヤードライバーが向いており、がんばった分だけ稼ぎたい人はタクシードライバーの方が向いていると言えます。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

日の丸交通株式会社のタクシー転職・求人:年間休日が233日!?女性ドライバーにも優しい職場・新卒採用も強い!

hinomaru

日の丸交通株式会社の求人情報

日の丸交通株式会社の求人情報についてまとめてみました。求人内容で驚きのポイントは年間休日233日を保障している点と女性タクシードライバーへのサポート体制が整っていること。正式採用から1年間は月収23万円を約束している点です。

 

  • 年間休日233日保障!
  • ・新卒・中途採用随時募集
  • 女性ドライバー向けの勤務シフトあり
  • 地域保育園との連携で業務中の育児サポートも万全
  • ・定時制ドライバー募集
  • 3スタイルの勤務体系から希望のシフトを選べる

 

タクシー業界では近年、女性のタクシードライバー進出が目覚ましく業界をあげて受け入れ体制が整いつつ有りますが、その中でも日の丸交通株式会社はいち早く女性向けサポート体制を確立した会社です。

 

女性タクシードライバーへのサポート体制

女性タクシードライバーの悩みの第一位はお子様が幼い場合、仕事中に育児を任せる人や託児所がない事での悩みですが、日の丸交通株式会社の女性タクシードライバーへのサポートはこれらの悩みを解決できるものです。

 

子育てサポート

地域の保育所と提携することで業務中はお子様を保育所に預けることが可能。(現在は世田谷区、江東区の東京ヤクルト販売(株)との提携保育所の利用が可能、今後も更に提携保育所を増やす方向)

 

条件ありですが自己負担額月1万円で利用可能(1年間限定)

 

週2日の勤務スタイル

育児を犠牲にすることなく働くことが可能。仮に朝8時に託児所にお子さんを預けて、9時から業務開始。15時には帰庫して退社して17時には保育園にお迎えにいく。こんな勤務スタイルも可能。お子様をもつ多くの女性タクシードライバーからの声を参考に実現したシフトです。

 

月額23万円保障

男性タクシードライバーにも採用して欲しい保障ですが現在は女性タクシードライバー向けの保障です。配属後1年間は月額23万円を保障し安定した生活ができるように配慮しています、タクシードライバーの収入は固定給+歩合給の合計となっており歩合給が稼げないと収入が上がりません。実際、タクシードライバーになったものの歩合給が上がらず辞めてしまう人も多い業界です。

 

日の丸交通株式会社では1年間限定ですが月額23万円を保障することで安定した生活ができるよう配慮し1年後には自ら歩合給で収入を稼げるようにサポートする組織となっています。

 

年間休日233日の理由

年間休日233日の保障は基本的には2日分まとめて働く隔日勤務となっています。2日勤務をこなす事で年間明休132日公休101日233日を自分の好きに使えるシステムです。

 

例えば1日のスケジュールは下記のように進みます(日の丸交通株式会社の特集コンテンツ5より抜粋)

 

*参考例 1日のスケジュール例

 

05:00起床

07:00出勤・点呼

08:00 出勤のお客様を乗せ千代田・港・中央区に進出、そのまま都心オフィス街で無線・流し・乗場営業

 

11:00休憩・昼食

12:00都心オフィス街を中心に営業する。

15:00休憩

18:00休憩・夕食

19:00都心・繁華街にて無線・流し・乗場営業

21:30休憩、割増時間に向け元気を充電

23:00 酔客、残業で終電を逃したお客様を乗せて拝島までお送りする。

2:00帰庫

3:00営業所のサウナで疲れを癒して仮眠

5:00帰宅

 

充実の研修制度

日の丸交通株式会社には充実した研修制度があり特に研修期間中でも日給12,000円×22日間=264,000円(入社日と締日により異なる)が最高支給されるのは他社と較べても高待遇と言えます。

 

研修内容と期間は各自の有資格や経歴により差がありますが一種免許取得済みの人で研修期間は約32日間ほどが目安です。

 

すでに二種免許取得済みの人で約20日間ほど、前歴がタクシードライバーの方も同じ研修期間となります。現役タクシードライバーの方が転職先として就職する場合には短縮されて研修期間は12日間となります。

 

研修内容は一種免許取得者の場合

・地理講習

・タクシーセンター講習

・自動車事故対策機構にて研修

・教習、講習

・二種学科試験

・基本実務研修

・路上教習

・天井教習

・役員面接

・修了証書授与、これ以降は正社員として日の丸交通株式会社のタクシードライバーとして活躍することになります。

 

一種免許の方が最も研修期間が長くなりますが、それ以外の二種免許取得者、前歴ありの人は上記の研修項目からいくつか削除された研修プログラムを受講するので研修期間は短縮されます。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126