カテゴリー:タクシードライバー給与の記事一覧

カテゴリー:タクシードライバー給与

タクシードライバーで年収1,000万円は可能なのか?個人タクシーなら行ける?真相はいかに。

年収1000万円稼ぐタクシードライバーとは

まず覚えておく必要があるのはタクシードライバーは月平均で12日から多くても15日程度しか勤務できない職業であると言うことです。これは隔日勤務を参考にした日数ですが夜勤務た定時制勤務でも必ず休みを取ることが定められているので毎月休みなしの勤務は認められません(ブラック会社ではあるかもしれません。)

 

それを踏まえて年収1000万円をクリアするには単純にひと月12回乗務×12ヶ月の合計ですから、月収平均でひと月83万円、12回乗務のうち1回の乗務で最低69,400円以上稼ぐ必要があります。

 

調子の良い月なら達成できるかもしれませんが年間とおして継続するには高い目標と言えます。首都圏タクシードライバーの1日平均の売上が4万円前後がおおく内6割ほどが運転手の売上です。

 

上記の説明で如何に1000万円を超える事が難しいか理解できると思います。その中でも1000万円を達成したドライバーが存在するそうですがどのように達成したのか考察してみます。

 

お客様の単価が高い黒タクドライバーになるのが条件

タクシードライバーの運転するタクシーの種類について説明します、運転するタクシーによって利用されるお客様の層にも違いがあるので面白いと思います。タクシーと言えば、想像するのは黄色や緑色、オレンジ色などのカラフルな色合いの車をイメージする方が多いと思いますが一般の人がよく利用するのがこの「黄色系のタクシー」です。

 

黒く塗っているタクシー「黒塗りタクシー(以下、黒タク)」と呼ばれるタクシーが存在しますがが、こちらはより高級感があり高級車をハイヤーに用いたりするタクシーを指します。

 

「黒タク」は、高級感があり、富裕層なお客様に選ばれる確率の高い人気のタクシーなので料金も通常より高く設定されるケースがおおくタクシードライバーで稼ぎたい人が目標とするタクシーでもあります。稼ぐための憧れ「黒タク」ですが実は簡単に運転手になれないタクシーでもあります。「黒タク」のタクシードライバーになるには色々と条件があり誰でも簡単に乗れるわけではありません。

 

黒タクドライバーになる条件とは

黒タクのドライバーになるための条件は各会社で細かい条件は違ってきますが必ず共通する点は最初に上級乗務員資格を取得する必要があること。上級乗務員資格を持っていないタクシードライバーは黒タクになれないと考えてよいでしょう。

 

各タクシー会社によって黒タクのドライバー講習もあり、黒タクドライバーの心得やマニュアルなどの説明があります。その講習の中で、黒タクのサービスにとって必要不可欠な接客接遇やドアサービス等のテクニックを実践する研修があります。この研修で優秀な成績を収め、かつここが重要な条件となりますが、数年間無事故無違反であることが絶対条件になります。

 

年齢にも若干条件が設けられていて65歳以下という基本的な制限があります。

また会社によっては同じ営業地区でタクシー乗務を2年以上経験しなくてはいけないという乗務経験も重視する条件が設けられるケースもあります。

 

やはり黒タクのドライバーになるにはクリアすべき課題もおおく数年間の下積みは必要なります。また、一番肝心な点ですが就職される会社に黒タク部門があるか?を事前に確認してください。

 

会社によっては黄色タクシーが多く黒タクはごくわずかで既にドライバーが決まってるケースもおおく(地方の大きなタクシー会社によくある事例です)どんなに頑張っても黒タクの空きがなければ乗ることは叶いません。

 

黒タクに乗れるタクシー会社

タクシードライバーとなり黒タク運転手となって高収入を目指すなら就職するタクシー会社をよく選ぶ必要があります。まず地方の小さなタクシー会社では黒タクに乗れる可能性は少ないと考えてよいでしょう。

 

やはり大都市に会社を構えていて黒タクも多く扱っている大きなタクシー会社に就職する必要があります。大きな会社だけに黒タクを利用するお客様も社会的地位の高いお客様も多いので運転手もコミュニケーション能力や周辺の道路情報、観光ネタや時事ネタなどお客様からの質問や会話にもそつなくこなす能力が重要視されます。

 

そして当然ですが安全運転と違反歴、事故歴のない過去の実績も重要視されます。これらをクリアして念願の黒タクになってもお客様からリピートして頂かないと思ったより稼げないという現実が待ち構えています。

 

お客様の単価が高くても黄色タクシーのように流し営業などできません、むしろお客様からの指名を待つ形となるので如何に自分を指名してくれる上客を掴むかを考えて営業しなくてはなりません。

 

こういった条件をクリアできた黒タクドライバーだけが年収1000万円という収入を手にすることが出来るのでしょう。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーのアルバイト・勤務時間・給料・歩合・求人情報まとめ

タクシードライバーの正社員とアルバイト・パートの違い

タクシー運転手の中には長時間の勤務が難しい人向けにアルバイト勤務もあります。基本的には二種免許所持者で経験ありが募集条件となりまったくの新人の場合、会社側の投資するメリットが少ないため敬遠されがちなのが実情です。

 

最もわかりやすい正社員との違いは勤務時間です。 基本的に正社員は決められたシフト時間で働き給与が支払われます。 勤務については勤務シフトで管理されることになりますが、希望する曜日や時間ももある程度まで自分で時間を決める事が出来るので一定の日にちだけ働きたいという人には向いています。 二種免許と経験がある人なら週に数回一定時間働く副業として稼ぐことも可能です。

 

正社員とアルバイトでは給与も当然違います。タクシー業界は基本的に歩合制ですが、歩合制の有る職場と時給制の職場が有りお客様をのせて距離を走るほどに給与が上がる仕事です。しかし、アルバイト採用で時給はとても安いので 歩合制の方が効率良く給与を貰う事が可能です。アルバイトとはいえ経験あり二種免許ありの人なら歩合制でも充分稼ぐことが可能です。

 

また最初のスタートはアルバイト扱いでも勤務態度や営業成績次第で会社側から正社員への誘いもあります。タクシー業界は慢性的な人手不足ですから即戦力を常に求めています。

 

アルバイト・パート給与について

タクシードライバーのアルバイトの給与のおおくは固定給の場合は1,000~1,200円程度、歩合制の場合は、800~1,500円程度で売上によって大きく変動します。あまり営業が得意出ない人は固定給でのバイト、すでに経験がありガンガン稼ぎたい人は本人次第で売上が伸ばせる歩合制でのバイトから選ぶと良いでしょう。

 

仕事内容は正社員タクシードライバーと変わりはありませんが固定給アルバイトの場合は近距離や遠方のお客様中心にシフトを組む場合が多いそうです。これは近距離、遠方は歩合給のドライバーに敬遠されがちな為であり、敬遠されがちな近距離をアルバイトのドライバーに重点的にこなしてもらうケースも少なくありません。

 

歩合給のアルバイトドライバーの場合はお客様をのせて距離を走らないと稼ぎにならないので正社員ドライバーと同じように稼ぎやすいビジネス街、繁華街、駅前などを中心に流し営業や付け待ち営業をこなすケースが多くなります。

 

アルバイト・パートドライバーの勤務時間

アルバイト、パートのタクシードライバーの勤務時間は正社員と同じシフトでの勤務を会社側から求められるケースも少なくありません。しかし、タクシードライバーのシフトは拘束時間が長いのも多いためアルバイト希望者が敬遠しがちな点を考慮して正社員の人手が足りてない日や時間帯をアルバイトドライバーで補うケースが主流となっています。

 

勤務シフトをアルバイト契約のドライバーが自由に決めることは難しく全ての勤務シフトが自分の希望通りになるとは考えないほうが良いでしょう。ただし勤務シフトが会社側で一方的に組み込まれこちらの希望が無視される場合は後々トラブルになる可能性が高い会社と判断して速やかに次のアルバイト先を探したほうが賢明です。

 

勤務体系に関しては隔日勤務、夜日勤、定時制の3つとなりますがアルバイト、パートドライバーの多くは定時制のシフトでの勤務が多くなります。夜日勤は最も敬遠されるシフトなので主に正社員が担当となる会社が大半のようです。

 

隔日勤務とは
タクシードライバーの勤務形態で最もおおく採用される勤務体系です。1回の勤務の拘束時間が最大で21時間になる場合があるため、翌日は必ず明けで休みとなるのが原則です。この明け休み以外に通常の公休がプラスで間に加わります。

 

夜日勤とは
夜間専用のシフト。夜間から深夜、早朝の時間帯勤務になるため日中は別の仕事をし週に何度か夜勤務するアルバイトドライバーもいます。原則として昼間の時間帯は勤務はなし。隔日勤務と異なり毎日乗務する会社が多いので日中に仕事してからの勤務は体力に自信ある人向けのシフトです。休みは週2日から週3日ほど。

 

定時制とは
アルバイト・パートドライバーに最もおおく採用されている雇用形態です。通常の隔日勤務が月間12回程度の乗務と較べて定時制は月間8回程度の乗務勤務になるのが特徴です。乗務回数が少ないため給与は正社員と較べて低くなります。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

日本のどこでもタクシー乗務員働けるとしたら、今一番いいのは東京?大阪?名古屋?福岡?それとも地方??給料と物価のバランスや働きやすさなどで比較!

タクシードライバーで稼げるのは大都市に集中

まず先に結論から申し上げるとタクシードライバーで稼ぎたければ首都圏を中心とした大都市で営業する必要があります。一般的なタクシードライバーのひと月あたりの勤務回数は12回から15回程度で、この回数で確実に稼げるタクシードライバーになるには、多くのお客様に利用してもらうことが大前提となります。多くのお客様は地方都市で望めないのは誰しも理解できるはずです。多くのお客様に利用してもらうには人口密度の高い大都市が働き場となります。そこで他の大都市ではなく東京都を中心として稼ぎについて説明してみます。

 

人口密度の高い場所としてはやはり東京、大阪、名古屋などの大都市になりその中でも人口が最も多いのが東京都です。しかし、東京ならどこでもいいというワケではありません。都内でも特にタクシーのお客さんの利用が多いのが東京23区・武蔵野市・三鷹市の「特別区・武三地区」と呼ばれるところが最も稼げる場所です。

 

東京都以外の地方都市では、人の数も東京都内に比べて少なく観光が中心になってしまい稼ぎも都内に比べ劣ります更に観光名所は年間通して行ける場所でないところがおおく四季によって稼げる時期も狭まってしまいます。

 

勤務地を適切に選んでもタクシーの営業スタイル方法に誤りがあると稼ぎにつながらない点も理解する必要があります。タクシードライバーの稼ぎ方として大きく分けて駅や乗り場にタクシーを停めてお客様を待つ付け待ち営業と、道を走りながらお客様を探す流し営業、お客様の要請でお迎えにいく配車の3つに分類されます。

 

付け待ち営業の特徴は、タクシードライバーが順番にお客様を乗せる営業スタイルでお客様を選べません。近距離のお客様もいれば、遠方まで行く長距離のお客様もいます。この場合、近距離のお客様を数多く乗せても売上はあまり期待できません。

 

流し営業は、流しながらお客様を乗せる営業スタイルで主に繁華街やの飲み屋街などで行われる営業スタイルです。大きな繁華街、飲み屋街がある大都市ではマメに周回することで一定のお客様を乗せることも可能ですが週末に集中するため平日の売上が芳しくないというデメリットも発生しやすくなります。

 

付け営業、流し営業のどちらの営業スタイルでも下記ポイントを抑えて営業すると良いでしょう。

 

  • ・富裕層ちの多い場所(港区など)
  • ・大きな会社が多い場所やビジネス街(大手町周辺)
  • ・坂のおおい場所(杉並区、目黒区、世田谷区など)
  • ・飲み屋街、繁華街の多い場所(新宿区、渋谷区、新橋など)

 

タクシードライバーの稼ぎ方

一般的なタクシードライバーの勤務は月に12回から15回程度と言われますが1回の売上が平均は4万円前後が多く計算すると月48万円から60万円が売上となります。この売上から6割ほどがドライバーの売上となるので月額28万円から36万円前後の収入となります。

 

勤務回数で比例すると良い給与に見えますが固定された給与と歩合給を足した金額なので必ずしもこの金額が保障されるわけではありませんし、夜勤も含めての月額なので拘束時間で換算するとそれほど高級という訳でもありません。

 

そこで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いのか?あるベテランタクシードライバーの方の稼ぎ方を紹介します。今回、紹介させて頂くのはこちらの記事に紹介されている「大塚氏」です。

 

*参考記事 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他

 

●目的のない流し営業はしない
「都内の場合、山手線のターミナル駅をベース拠点に、お客を降ろしたら、一番近くて必ず捕まえられる別のベース拠点駅を目指す。その移動はお客ゲット確率の高いコースを選ぶ。流しは移動の手段」

 

●地域密着型は最悪、広域型営業を目指せ
遠距離のお客を降ろしたら急いで自分の地元に戻ろうとする運転手は多いが、これこそ愚策だと大塚氏は語る。

「長距離を空車のままで戻ってくるのは効率が悪い。降ろした先々でも、どこに行けばお客が拾えるか、営業エリア内のデータの蓄積が重要なんです」

 

●頭を使って知恵を出せ 知恵がなければ汗をかけ
自分なりの稼ぎ場を発掘するための情報収集は欠かさない。電車の終電時刻はもちろん、都内の大劇場の昼夜の終演時間、野球やサッカーなどの終了時間も頭に叩き込む。主な施設の2~3か月先までの行事日程を知らせてくれるFAXサービスもあり、取り寄せて頭に入れておくことも大切だという。

 

「情報が頭の隅にあれば、無駄な動きが減らせる。1000人規模のイベントでは約1割がタクシーを利用するので、それを逃す手はない」(大塚氏)

 

お得意様を捕まえる営業活動も大切だという。大塚氏の場合、馴染みの場所で、タクシーを通勤の足にしている人を探し、常に何人かキープしていたという。

 

●ロング狙いは御法度
「ロングかどうかは結局のところ運次第。仮に長距離客がいても都心まで戻るのに2~3時間かかれば、都心でこまめに乗車率を上げるほうが効率はずっといい。空車の時間帯を作らないことが大事なんです」(大塚氏)

 

タクシーは法律で一日走行距離365km以内、出庫から帰庫まで21時間以内と決められている。いかに空車走行をしないかが最大の勝負どころなのだ。

 

*一部、抜粋 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他 」より

 

如何でしょうか?

稼ぎ場で稼ぐことはもちろんですがタクシードライバーが敬遠しがちな遠距離や近距離でも稼ぐための工夫や心構えは参考にすべきポイントです。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーの平均年収・月給料データと、給料体系:固定給・歩合制(累進歩合)の違い、どちらを選ぶべき?

タクシードライバーの平均年齢は57.6歳

タクシードライバーの平均年齢と勤続年数についての都道府県別データを見ると、全国平均でのタクシードライバーの平均年齢は57.6歳となっており、一番平均年齢が高い都道府県は高知県で64.9歳、一番平均年齢が若い都道府県でも、山形県の53歳となっています。
比較的年齢層が高いイメージがあるタクシードライバーは、データから見ても50~60代が全国平均となっています。タクシードライバーの勤続年数は8.8年
一方で、今実際に働いているタクシードライバーの平均勤続年数は全国平均で8.8年となっています。平均年齢と勤続年数からおおまかに計算すると、タクシードライバーは40代後半や50代になってからはじめる方が多いということでしょう。

 

高齢でもタクシードライバーをはじめられる理由

タクシーは稼ぎやすい。
タクシードライバーへの転職を希望される方にも50代や60代でタクシー未経験の方は多くいらっしゃいます。その理由の一つとして大きいのは、50代や60代のタクシー未経験であっても、稼ぎやすいというタクシードライバーという仕事の特徴があります。

タクシードライバーのお給料は歩合制をとるところがほとんどで、未経験者の方はタクシードライバーは稼ぎづらいのではないかな?と思う方も多いのですが、例えば東京のタクシードライバーであれば、50代、60代で未経験であっても、比較的すぐに年収400万円程度稼ぐことも可能ですし、たくさん稼ぐ方ですと、800万以上稼ぐ方もいらっしゃいます。

歩合制ではあり、お客さんをいかに見つけるかがタクシーで売上のポイントではありますが、タクシー会社での研修制度はしっかりしていますし、配車予約や専用乗り場など、未経験でも稼ぎやすい仕組みになっているため、未経験でも全く問題ありません。

関連リンク:東京のタクシーが稼ぎやすい理由
タクシーの免許取得はタダ!?
もう一つの理由として、タクシードライバーへのなりやすさというものがあります。タクシードライバーになるには、2種免許を取得する必要があります。普通免許を既に取得して一定期間経過している方であれば、教習所へ10日~2週間程度通えば取得できますし、そこでかかる二種免許の取得費用も全額タクシー会社が負担するというのが一般的です。

そういった、免許の取得のしやすさ、タクシードライバーのなりやすさもタクシードライバーを目指す方が多い理由です。

関連リンク:タクシードライバーは実はとても良い仕事な理由

さらに50代や60代の方がタクシードライバーになることをおすすめする最大のポイントは、他の職種に比べて非常に長く働けるというところです。
一般の会社であれば、65歳で定年になるところがほとんどですが、タクシー会社の場合は、70歳以上でもしっかりと稼いでいる方も多くいますし、また今まで隔日勤務という夜勤も含めた勤務形態から、70代になってから定時勤務という決められた時間の中で働くという勤務スタイルを選ばれる方も多いです。

このように、高齢になってもしっかり稼ぐことができ、またライフスタイルに合わせて勤務時間を減らすこともできるというタクシードライバー特有の『長く、細く』働くことができるという特長が人気を集めている理由です。

 

平成27年 タクシー運転手 年収結果

平成27年のタクシー運転手の平均月収は24万円、そこから推定される平均年収は308万円(ボーナス込)、推定時給は1,226円でした。過去8年間の収入推移を見ますと、年収ベースでおよそ250~300万円、月収で23~25万円付近で推移しています。

 

平均年収

 

タクシー運転手になるには?

タクシーの運転手になるには二種免許が必要になります。二種免許は教習所などで取得できますが、タクシー会社によっては二種免取得までのサポート体制があるところもあります。ちなみに個人タクシーとして業を営む場合は、国土交通省が実施する試験(実務経験10年以上)に合格する必要があります。

 

拘束時間が長く体力勝負の仕事 自由がきくのはメリット

一般的にタクシー運転手は他の職業に比べ勤務時間(拘束時間)が長いのも特徴です。タクシー運転手の1日の労働時間は20時間ほど。厳密には、常にお客さんを乗せているわけではないので労働時間とは言えないのかもしれませんが、拘束時間が長いのはこの職業の特徴です。一方で、タクシー運転手のメリットとしては他の職業に比べ比較的自由がきくところです。もちろん、現在のタクシーは全てデータ管理されていますので、好き勝手やっていいわけではありませんが、一度営業所を出てしまえばある程度の自由はききます。オフィスで机を並べて仕事をするわけではありませんので、嫌な上司と顔を合わせながら小言を言われることはありません。ただし、タクシー運転手の給与は歩合制となっています。自由がきく一方、収入は自分の働きしだいですので一生懸命働かなければ見合った収入は得ることができません。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126