カテゴリー:タクシードライバー業務内容の記事一覧

  • タクシードライバー業務内容

カテゴリー:タクシードライバー業務内容

日本のどこでもタクシー乗務員働けるとしたら、今一番いいのは東京?大阪?名古屋?福岡?それとも地方??給料と物価のバランスや働きやすさなどで比較!

タクシードライバーで稼げるのは大都市に集中

まず先に結論から申し上げるとタクシードライバーで稼ぎたければ首都圏を中心とした大都市で営業する必要があります。一般的なタクシードライバーのひと月あたりの勤務回数は12回から15回程度で、この回数で確実に稼げるタクシードライバーになるには、多くのお客様に利用してもらうことが大前提となります。多くのお客様は地方都市で望めないのは誰しも理解できるはずです。多くのお客様に利用してもらうには人口密度の高い大都市が働き場となります。そこで他の大都市ではなく東京都を中心として稼ぎについて説明してみます。

 

人口密度の高い場所としてはやはり東京、大阪、名古屋などの大都市になりその中でも人口が最も多いのが東京都です。しかし、東京ならどこでもいいというワケではありません。都内でも特にタクシーのお客さんの利用が多いのが東京23区・武蔵野市・三鷹市の「特別区・武三地区」と呼ばれるところが最も稼げる場所です。

 

東京都以外の地方都市では、人の数も東京都内に比べて少なく観光が中心になってしまい稼ぎも都内に比べ劣ります更に観光名所は年間通して行ける場所でないところがおおく四季によって稼げる時期も狭まってしまいます。

 

勤務地を適切に選んでもタクシーの営業スタイル方法に誤りがあると稼ぎにつながらない点も理解する必要があります。タクシードライバーの稼ぎ方として大きく分けて駅や乗り場にタクシーを停めてお客様を待つ付け待ち営業と、道を走りながらお客様を探す流し営業、お客様の要請でお迎えにいく配車の3つに分類されます。

 

付け待ち営業の特徴は、タクシードライバーが順番にお客様を乗せる営業スタイルでお客様を選べません。近距離のお客様もいれば、遠方まで行く長距離のお客様もいます。この場合、近距離のお客様を数多く乗せても売上はあまり期待できません。

 

流し営業は、流しながらお客様を乗せる営業スタイルで主に繁華街やの飲み屋街などで行われる営業スタイルです。大きな繁華街、飲み屋街がある大都市ではマメに周回することで一定のお客様を乗せることも可能ですが週末に集中するため平日の売上が芳しくないというデメリットも発生しやすくなります。

 

付け営業、流し営業のどちらの営業スタイルでも下記ポイントを抑えて営業すると良いでしょう。

 

  • ・富裕層ちの多い場所(港区など)
  • ・大きな会社が多い場所やビジネス街(大手町周辺)
  • ・坂のおおい場所(杉並区、目黒区、世田谷区など)
  • ・飲み屋街、繁華街の多い場所(新宿区、渋谷区、新橋など)

 

タクシードライバーの稼ぎ方

一般的なタクシードライバーの勤務は月に12回から15回程度と言われますが1回の売上が平均は4万円前後が多く計算すると月48万円から60万円が売上となります。この売上から6割ほどがドライバーの売上となるので月額28万円から36万円前後の収入となります。

 

勤務回数で比例すると良い給与に見えますが固定された給与と歩合給を足した金額なので必ずしもこの金額が保障されるわけではありませんし、夜勤も含めての月額なので拘束時間で換算するとそれほど高級という訳でもありません。

 

そこで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いのか?あるベテランタクシードライバーの方の稼ぎ方を紹介します。今回、紹介させて頂くのはこちらの記事に紹介されている「大塚氏」です。

 

*参考記事 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他

 

●目的のない流し営業はしない
「都内の場合、山手線のターミナル駅をベース拠点に、お客を降ろしたら、一番近くて必ず捕まえられる別のベース拠点駅を目指す。その移動はお客ゲット確率の高いコースを選ぶ。流しは移動の手段」

 

●地域密着型は最悪、広域型営業を目指せ
遠距離のお客を降ろしたら急いで自分の地元に戻ろうとする運転手は多いが、これこそ愚策だと大塚氏は語る。

「長距離を空車のままで戻ってくるのは効率が悪い。降ろした先々でも、どこに行けばお客が拾えるか、営業エリア内のデータの蓄積が重要なんです」

 

●頭を使って知恵を出せ 知恵がなければ汗をかけ
自分なりの稼ぎ場を発掘するための情報収集は欠かさない。電車の終電時刻はもちろん、都内の大劇場の昼夜の終演時間、野球やサッカーなどの終了時間も頭に叩き込む。主な施設の2~3か月先までの行事日程を知らせてくれるFAXサービスもあり、取り寄せて頭に入れておくことも大切だという。

 

「情報が頭の隅にあれば、無駄な動きが減らせる。1000人規模のイベントでは約1割がタクシーを利用するので、それを逃す手はない」(大塚氏)

 

お得意様を捕まえる営業活動も大切だという。大塚氏の場合、馴染みの場所で、タクシーを通勤の足にしている人を探し、常に何人かキープしていたという。

 

●ロング狙いは御法度
「ロングかどうかは結局のところ運次第。仮に長距離客がいても都心まで戻るのに2~3時間かかれば、都心でこまめに乗車率を上げるほうが効率はずっといい。空車の時間帯を作らないことが大事なんです」(大塚氏)

 

タクシーは法律で一日走行距離365km以内、出庫から帰庫まで21時間以内と決められている。いかに空車走行をしないかが最大の勝負どころなのだ。

 

*一部、抜粋 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他 」より

 

如何でしょうか?

稼ぎ場で稼ぐことはもちろんですがタクシードライバーが敬遠しがちな遠距離や近距離でも稼ぐための工夫や心構えは参考にすべきポイントです。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

新卒や再就職狙いの人へ!乗務員になるために必要な資格・素養や経験は?タクシードライバーの仕事内容・勤務時間・一日のスケジュールまとめ

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーになるには、自動車の第二種運転免許を所持していなければなりません。現在おおくのタクシー会社では第一種運転免許を保有している人をまず会社に採用してタクシードライバーの養成訓練を行っているところ増えてきています。

 

第二種運転免許の受験資格は以下のとおりです。
「21歳以上で、大型自動車免許・普通自動車第一種免許・大型特殊免許のいずれかの免許を 取得してからの期間が3年以上の者。」

 

また東京地域・大阪地域・神奈川県(横浜市、川崎市、横須賀市及び三浦市)のタクシー会社で働く場合は、タクシーセンターの地理試験にも合格する必要があります。この地理試験の内容は、目的地までお客様を輸送する場合の最短ルート、距離、料金、所要時間など実務に沿った内容となります。

 

養成運転手の仕組み

入社後はまず「養成運転手」としてタクシー会社に就職することになりますが、その間は二種免許取得に必要となる一切の費用を会社が負担してくれます。取得までの養成期間中も手当てという名目で、日給が支給されます。さらに取得にかかる費用は、返済する必要はありません。かなり手厚いサポート体制といえますが当然のことながら条件もあります。
免許取得後、最低一年間は退社することはできないという条件でのサポートなので会社がが負担してくれた分は最低でも会社で働くことで貢献する義務があります。もし、なんらかの都合で一年以内に退社する場合は会社が負担してくれた分は返済する事で退職が可能となるケースがほとんどです。

 

会社のサポートを受けることで最低1年間は会社で働くのが嫌だという人の場合はどうすればいいのか?そもそもタクシードライバーという職業は常に事故ととなり合わせなリスクが高く、一日350キロ~500キロ走る事もザラなので想像以上の重労働な仕事です。

 

加えていろんなお客様がお乗りになるので、気が滅入ったり、またイヤな思いをする事も沢山あります。突然「辞めよう!」と思った時に、タクシー会社へその意思を伝える際には気まずい思いをしかねません。辞めたくても1年間は会社で働かなければならないという約束もあります。それがネックでタクシードライバーへの転職に思いとどまっている人は自動二種免許を自分で取得してからタクシー会社へ就職するのが良いでしょう。

 

1年間という拘束期間もなく自分で辞めたいときに辞める交渉をする権利がもてます、ただせっかく就職した仕事ですから直ぐに辞めると決断せず会社の同僚や上司に相談して解決する事も検討することも大事です。

 

タクシードライバーとして働く勤務内容

無事に二種免許を取得してタクシードライバーとして働く場合の勤務形態について、ちなみにタクシードライバーの平均的な勤務態系としては月12~13乗務の形がおおくなります。朝8時から翌朝8時までの24時間勤務が基本の勤務体系です。内容としては24時間空けて翌日の朝8時に再び出勤して乗務します。このサイクルを2回繰り返して公休、3回繰り返して公休ということです。
この計算でだいたい月に12~13乗務になります、今まではこの勤務体系が当たり前のことでしたが。現在は何種類かの勤務があり夜勤専属、日中専属などある程度は自分の希望するシフトで働くことも可能です。しかし多く稼ぎたいならこの24時間勤務態系となります。

 

基本的には一ヶ月間の売上ノルマがあり(基本給部分に該当します)それを越えた売上について歩合を支給するのが一般的です。つまり固定給+歩合給で売上を伸ばしたいなら歩合給を稼げなければなりません。

 

求人で見かける「努力次第で月給○○万円可能」などの募集広告の数字のからくりはこの歩合給での稼ぎの可能性を指しています。当然ながら誰しもが達成できるとは確約されていませんから相応の覚悟とやる気が必要なのは確かです。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーの人気ブログを20個まとめて紹介します!ブログを読むことは、タクシー乗務員として働くリアルがわかるいい方法です。

タクシードライバー人気ブログ紹介

現役・元タクシードライバーの方々が更新しているタクシードライバー日記の中から管理人が面白い、タメになったブログ20ブログを紹介していきます。

 

*掲載順は順不同です。

 

掲載にあたって数多くのブログを拝見、徘徊しましたが紹介する上で基準にしたのが以下の2点です。

 

「現在もタクシードライバーとして働かれているか?または過去にタクシードライバーの経験があったか?」

 

「更新日が新しいか?更新歴が長いか?」

 

の2点です、やはり実際のタクシードライバーの方の日常や売上、お客様や会社とのトラブルなどについて書いているブログのほうが紹介する意味があると考えたこと、更新歴が長いほどタクシードライバーとしてのキャリアも長いと考え更新歴がしっかりしているものを紹介、そして出来るだけ継続して更新されているブログから以下の20ブログを選んでみました。

 

タクシードライバー日記~人生はギャンブルだ~

数々の転職を繰り返して現在はタクシードライバーのギャンブラーさんのブログです。売上をあげるための考え方など参考になります。

 

IT業界に疲れた新米タクシードライバーのブログ

IT業界からタクシードライバーへと転身された、しばさんのブログ、元はIT業界にいたお陰かブログデザインや記事の構成が際立っています。

 

帰って来た44才からタクシー運転手の記録

2011年から続くタクシードライバーブログの老舗、Ozuma Hiroさんの実録ブログ。膨大な記事はこれからタクシードライバーを目指す人の悩みや疑問の参考になります。
タクシー運転手のブログ

タクシー業界の内部についても語られるbrack cabさんのブログ。こちらのブログも2011年からスタートし今も更新中の老舗ブログ。

 

新人だったタクシードライバーの独り言

ひと月平均で10記事の更新継続中のZタクドラさんのブログ、ほどよい記事量が読みやすいブログです。

 

のほほんタクシー年収500万生活♪

業界の内部や営業について詳しく書かれているfox-taxiさんのブログ。年収500万円はの安定してる売上らしいです。面接についても記事が掲載されています。

 

50歳からのタクシードライバー

50歳からタクシードライバーに転身されたtaxi50さんのブログ。乗車記録と題して一日の営業売上や日々の出来事を記事にされています。

 

大江戸たくどら日記~東京タクシードライバーのブログ~

管理人イチオシの現役タクシードライバーさん「大江戸巧氏(おおえどたくし)」さんのブログです。タクシードライバーについての考察記事など秀逸。

 

タクシードライバー奮闘記

記事数はまだ少なめですが毎日の営業収益を記録されているのでタクシードライバーの収益の参考になるありがたいブログ、管理人は新人ドライバーさんです。

 

20代ナイト(夜日勤)タクシー運転手

タクシードライバーとして順調に成長されている「まあまあ新人タクドラ」さんのブログです。月商100万円クリア。

 

20代からのタクシーストーリー

今風なブログデザインで読みやすく丁寧な記事を書かれている「ぶっちー」さんのブログ。主に東京都内中心の営業について掲載されています。

 

日々是、神戸のすすめ

神戸でタクシードライバーされている「八田荘市」さんのブログです。神戸情報、日々の営業記録や売上についての考察などためになる記事多し。

 

一期一会の旅物語

ブログのサブタイトルが「誰も教えてくれない東京地理」とあり非常に豊富なコンテンツが掲載されているので同じ東京都でタクシードライバーを目指している人は一度ご覧になってください。管理人は「ロバート・デ・ニーロ」さんです。

 

東京のレクサス個人タクシー『レクサスパパ』平日夜専門で都心~隣県へ!隣県~都心へ(笑)

タクシードライバーの上流階級といえるのかも?乗せるお客様はVIP階級、使用する車は東京の黒色VIP個人タクシー。レクサス最上級エクゼクティブパッケージLSロングセパレート四人乗りというレクサスパパさんのブログです。

 

続・タクシー人間模様

2011年スタートでここ数年は更新が止まっていますが書かれている記事は参考になるものが多し「桜井太郎」さんのブログ。

 

レガシィー個人タクシー

レガシィをタクシーとして使用している「鷹目タクシー」さんのブログです。ブログ先はみんからを使用しているのでメンテナンス記事なども面白いです。

 

地図を辿る仕事

個人タクシーとして営業されている「mity」さんのブログです。営業地域は東京都が多いようです。

 

立川の「タクシー運転手からの内緒話」

立川市を中心に営業されている「takachan」さんのブログ、事細かく詳細に書かれている記事はタクシー業界の仕事ぶりを知る参考になるでしょう。
あるタクシー運転手の日記

タイトルにあるとおり日記として日々の出来事など記事にされている「 タクシー運転手」さんのブログです。タクシードライバーから見る世間とか視点も面白いです。

 

kazuのタクシー乗務日誌

2013年で更新が止まっているブログですが業界内での競争やドライバーの縄張りなど業界にいないと分からない出来事が綴れていて面白いブログです。再開が楽しみです管理人は「kazu」さんです。

 

如何でしたでしょうか?現在も活動中、休止中のブログも紹介してみましたが皆さん日々、売上について試行錯誤されているのは共通でした。これからタクシードライバーを目指す方、現在タクシードライバーの仕事について悩んでる方は紹介しているブログに回答があるかもしれませんよ。

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーをやめた・やめる人の理由ってなんだ?そういう人達の再就職先は?底辺?悲惨?真実を語ります

タクシードライバーを辞める理由

タクシードライバーの募集は求人広告でいつも見かけますが、いつも見かけるということは、退職してしまう人が多いと言えるかもしれません。ハッキリ言えば就職しやすく退職されやすい職種だと言えます。

タクシードライバーの方が辞めてしまう理由を大きく分けると下記にの3つが挙げられます。

 

  • ・拘束時間が長いこと
  • ・歩合給であること
  • ・サービス業であること

 

それでは、なぜこの3つが辞める理由の代表格なのか解説していきます。まず、拘束時間についてです。前職がサラリーマンだった人にとってはタクシードライバーの業務に慣れるまで1日8時間以上の拘束時間は長いと感じる人が多いようです。実際には週に40時間の勤務であることに変わりはなくサービス残業が当たり前だった会社員時代より時間的には余裕があるはずです。(前職がブラック企業だと違うかもしれませんが)
勤務形態について事前にタクシードライバーになるときに説明をうけていたはずなのですが説明を真剣にうけとめずに軽い気持ちでタクシードライバーになる人が多いというのが、一番の原因ではないでしょうか。

 

タクシードライバーの業務をよく知らない人の中にはタクシードライバーの仕事といえば「車を流して、または駅などでお客さんを待っていれば、売上はあがる、一人で気楽に働ける」とか「他に仕事先も見つからないので、とりあえずタクシーの運転手でもやるか」と言った軽い気持ちで考えてる節もあります。そして就職する人も同じ意識でタクシードライバーになった人も少なくはありません、当然ですがそのような人は長続きはするはずがありません。

 

タクシードライバーは、タクシー会社に所属しタクシー会社から給料を受けとります。業種内容が違っていても会社組織に属し会社から受け取るのは今までのサラリーマンと同じじことです。その点の意識は低いままだと競争の激しいタクシー業界で生き残るのは難しくなります。

 

低い意識のまま働いていても歩合給という給与形態は「自分の売上で稼ぐ」という意味で

会社員時代とは大きく違ってきます。形としてはサラリーマンですが、個人事業者にも似た形で稼ぐ気持ちが必要となってきます。黙っていてもお客様が増えることもないですし悪い評判が目立つようになれば会社から自主退職を勧告される場合もあります。お客様を載せた分だけ給料が増えるタクシードライバーという職業は怠けグセのある人にとってはまったく稼げない職業と言えます。

 

タクシードライバーにはサービス業としての対応が求められるケースが多々あります。決して「黙ってお客様を乗せるだけ」が満点と評価されない仕事です。お客様と適度な距離を保ちつつ不快感を与えないよう対応や言葉使いにも気を使う必要があります。そして丁寧すぎると「くどい」と逆評価されるケースもあり個人の資質が顕著に現れるパートです。

 

観光で訪れたお客様から質問される観光情報や地元の情報もそつなくこなす案内できる能力も必要なケースもあります。もしくは上客のお客様の場合では言葉使いや礼儀作法をちゃんと備えていないと使ってもらえない場合も出てきます。

 

このようにサービス業としてのタクシードライバーの業務内容についていけない人やコミュニケーションを取るのが苦手な人の場合、会社がサービス改善による売上アップを目標とした際に居づらくなり辞めてしまう事もあります。

 

過剰なサービスは必要ありませんがお客様の要望に応える姿勢と向上心、そして常に交通情報を把握する研究心はタクシードライバーに必要なものと言えます。向上心なくタクシーの中で時間を潰すだけでは給与もあがりませんし、売上をあげるために深夜帯中心のシフトに移り生活リズムを乱し健康を損なう可能性もあります。

 

タクシードライバーは会社員時代と違いチームとして頑張るのではなく個人として頑張る面が強くないと自分の生活向上につながらない職種です。その点が理解出来ない人はすぐに辞めてしまう。その結果として慢性的な人手不足な業種となっているのでしょう。

 

もちろん、やる気に満ちて営業成績がよい人でも辞めるケースはあります。辞める理由の中で最も多いのが健康上の問題です。運転席に長時間座り続けるので筋肉がこわばり腰痛になるリスクが高い、食事時間が不規則となり食事バランスが崩れて体調不良に陥りやすい、ストレスが原因で仕事自体がイヤになったという理由で自ら辞める人もいます。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシー運転手の仕事でありがちなトラブル・ストレスの解消法まとめ

タクシードライバーストレスの原因

タクシードライバーの仕事は狭い車内という空間で長時間いるのが特徴ですが、長時間同じ体勢を続けることで様々な病気になりやすく、いわゆる職業病を治療せず放置していると症状が悪化し最悪の場合働けない身体になる可能性もあります。そこでストレスを未然に防ぐために病状と対策についてご紹介していきます。

 

腰痛

1日中同じ姿勢で長時間働くタクシードライバーがもっともなりやすい病気と言えば「腰痛」です。原因は、長時間同じ姿勢を続けることで筋肉が固まり腰への負担がかかるためです。筋肉が固くなることで腰だけでなく、肩や首などにも負担がかかり「肩こり」の症状も引き起こすドライバーがおおいようです。

 

対策として小まめな休憩と筋肉が固まらないよう軽く体を動かす、特に軽いストレッチは筋肉をほぐすのに有効です。筋肉を使わない状態が続くと使わない筋肉が落ちやすくなりますが、運転中は筋肉を動かさないのでお尻や足、腰などの筋力が落ちてしまう傾向があります。

 

これらの予防策は簡単な筋トレや散歩で充分に防げるので休日などほんの数十分程度でよいので体を動かす習慣をつけておくと良いでしょう。

 

尿路結石

タクシードライバーによく起こる病気の1つに「尿路結石」が挙げられます。

この症状が発生する理由としては運転中は自由にトイレに行けない事や水分を取るのを我慢することなどが原因と言われます。尿路結石症の症状は尿道が結石によって尿の通りを阻止してしまうことで激痛が走るのが特徴です。

 

一時的に痛みが引いたからと言って放置すると後年に腎臓が拡張、尿を生成する腎実質が薄くなり腎機能の低下へとつながり、そこから血液の病気など発症する可能性があるそうです。

 

対策はただひとつで医師に「尿路結石」と診断された場合は治療が終了するまで通院と薬を服用するしかありません。簡単な予防法としては1日に2リットル程度の水分を取るのが良いそうです。また、トイレを我慢しないこと、休憩は小まめにとり水分を多く取り尿量を多くする、適度な運動をすることによって未然に防ぐことが可能です。

 

食事をとる時は食塩やビタミンC、動物性タンパク質などの過剰摂取は控えること、夏場は特に汗も出るので塩分の高い食べ物はなるべく控えると良いでしょう。次に肉・魚・卵などの動物性タンパク質を過剰に摂取するのも控えて下さい。脂肪やコレステロールが体内に溜まり過ぎると肥満化、さらに慢性化して糖尿病になると一生、糖尿病と付き合うことになります。

 

ストレスが原因による心臓病

タクシードライバーの仕事はお客様を目的地へ迅速かつ安全に送り届けることですが、場合によってはお客様の都合にあわせて時間を優先するケースもあります。原則としてタクシードライバーには国土交通省の定めにより決められた労働時間内を守るように推奨されていて、その時間内で売上を上げるというハードルがあります。

 

時間を守れば売上が落ちる日も当然出てくるので売上が欲しいタクシードライバーにとって時にストレスを溜めこむ結果となる事もあります。ストレスが胃や腸、そして心臓病にダメージを与えることもあります。

 

もちろん、ストレスだけですぐに心臓病になったりはしませんが、待機中に煙草の吸い過ぎなど血液の循環が悪くなるといった原因が重なり、大きな病気へと発展してしまいます。ストレスの予防はゆとりある時間と心持ちを作ることしかありません、たとえばもし、ノルマがきつくて今の会社では身が持たない、ストレスを感じると言う人は職場環境を変える、またはタクシードライバーという職種から離れるのもひとつの解決方法と言えます。

 

タクシードライバーにありがちな病気の予防法

前述したような病気にならないためにも、タクシードライバーが心がける予防方法として下記を心がけるとよいでしょう。

 

1:適度な運動
2:バランスの摂れた食事
3:ストレスをためない職場環境

 

の3つになります。

現役のタクシードライバーに限らず生活習慣病に悩む人の多くが1と2が原因による病気発症がおおく、これらの病気は年数と共に蓄積されて徐々になっていく病気なのが特徴です。予防方法としては上記3つを心がけて普段の生活習慣を見直すことから始めるしかありません。

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシー転職で失敗した人・後悔した人の口コミをまとめてみた

タクシー業界への転職・就職で失敗した人の共通点

タクシー業界へ転職後にやめてしまった人達の共通点、原因についてまとめてみました。これからタクシー業界への転職を検討している人達は自分は転職後に同じ理由でやめることがないよう参考にしてください。

 

タクシー業界から転職後に辞めた人達の共通する理由とは

  • 求人広告内容を鵜呑みにしていた。
  • 就職後の人間関係に悩まされた。
  • 固定休が少なく歩合制で給与が予想より低かった。
  • 業務時間帯が夜間から早朝にかけてのため体力が持たなかった。

などが代表的な理由ですが、他業種とタクシー業界のもっとも違うところはタクシー業界に転職される年代の多くは40代から50代後半に集中している点です。

 

一般的によほど特別なスキルや実績がない限りは40代からの転職は難しいと言われており自己退職や解雇された中高年の方が再就職先で以前の会社より高待遇な会社に転職できる可能性が低いのが実情です。

 

むしろ再就職先が決まらない方のほうが多いでしょう。そのため中高年の方で未経験の人でも比較的就職しやすいタクシー業界への就職希望者が多くなってきています。しかし、いざ就職すると求人広告内容と実際には開きがあった、業務内容がキツイ、拘束される時間と比較して手取りが少ない等の待遇に不満が出てきて辞めてしまう人が多いのもタクシー業界の特徴です。

 

好不景気の波があってもタクシー業界は常に求人広告を出し続ける業界として有名であり、如何に「就職しやすく、辞める人が多いか」を証明する形となっています。

 

前職よりタクシードライバーの給与が低い理由

40代から50代にかけての中高年と呼ばれる世代の人達が転職を検討しているタクシー業界が実は向いていないのではないか?と思われる理由についてまとめてみました。まず、以前の就職先が余程のは薄給でないかぎり転職後のタクシードライバーとしての給与のほうが低いのが現実であること。

 

多くの企業では40代から50代は会社の主力として働いてる年代であり会社役員、中間管理職につく人達が増える年代でもあります、役職がつくことに比例して給与もあがります。

 

もし、上記のように役職付き、管理職の人がタクシードライバーに転職希望される場合は給与はダウンすることを覚悟して転職してください。求人広告に記載された給与の多くは会社が保証する「固定給」とお客様を乗せて走った走行距離による「歩合給」が合算された支給額のケースが大半です。

 

もちろん実際に求人広告と同じく稼いでるタクシードライバーは存在するでしょうし、会社によって本当に広告通りの給与を支払う会社も存在しますが大半のタクシー会社は「固定給+歩合給」が給与額面となります。

 

そして固定給は実働時間や拘束される時間と比例しないケースがおおく低いのも特徴です。一見、給与額がおおく見えるタクシー業界ですが歩合給で稼げないかぎりは一般的な給与レベルと比較すると安い職種です。

 

歩合給で稼げない限り給与は低い

 

この点を把握しないで前職の給与と比較する転職者はやる気を失うケースがおおく自己退職、会社からの解雇につながっていきます。

 

体力がもたない人がおおい

タクシードライバーはお客様を乗せることで歩合給が発生しますが日中よりも夜間から早朝にかけて稼ぎやすい業界とも言われることがおおく、実際に駅前や繁華街のタクシー待合場所を深夜帯に訪れるとそれなりに利用客がおおいことがわかります。

 

逆に日中はオフィス街で利用されることもありますが稼ぎ場所にはより多くのタクシードライバーが集合するので思ったほど歩合給で稼げないという事もあります。そんなタクシードライバーですが中高年から転職された人達が苦労するのは夜討ち朝駆け的な勤務形態です。

 

前述したとおり固定給+歩合制が大半の給与ですから人が多く流れる夜間帯から早朝にかけて出勤するケースが多くなります、必然的に本来なら寝ているはずの時間帯に起きて活動するので体調に変化が訪れます。

 

深夜活動するなら日中に寝ればよいのでは?と思う人もいるかもしれませんが夜間の睡眠と日中の睡眠では一日の疲れの抜け方に開きがあり深夜帯の勤務が続くと疲れが溜まりやすくなりがちです。特に中高年層に突入すると体力の低下しがちなので睡眠不足はモロに体調不良へと響いてきます。

 

人間関係のストレスが意外におおい

人付き合いが苦手だからタクシードライバーへ転職を考え、実際に転職された人が悩む原因のひとつに人間関係があります。法人の社員として雇われるのですから当然、人付き合いは避けることができないものです。

 

さらにタクシーという空間の中ではお客様様と自分だけの時間もあり、その間をまったくの無言で過ごせることはほぼ皆無です。タクシードライバーはサービス業の側面もありお客様との会話に神経を使う機会も多く発生します。

 

お客様様から不興を買い会社へクレームが届くと自身の査定にも響くので言葉使いや対応にも気をつける必要がでてきます。また全てのお客様が優しいことも少なく、深夜帯や繁華街で利用されるお客様の多くはアルコールを摂取して普段より気が大きくなっているケースもあり、そのため言葉使いや発言内容も普段とは違い粗野になる傾向もあります。

 

それらに対して反論せず対応するのはなかなか大変で精神的なストレスも積み重なりタクシードライバーという職業が嫌になるケースもあります。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

新人・新卒・一年目のタクシードライバーが乗務員として上達するためにすべきこと・覚えることまとめ

新人、新卒、1年目のタクシードライバーに求められる事

タクシードライバーという職業に限らず求められるのは社会人としての常識、接客側の礼儀や言葉使い、担当地区の交通情報や地理情報など多岐にわたります。常に求人広告を見かけるタクシードライバー求人ですが、求人募集に応募し就職に成功しても平均在籍が約8年と非常に短期間でわかるよう労働条件、給与条件は厳しい業種です。

 

その中で人手不足の会社側でクビにするドライバーも数多く存在します。解雇されるドライバーに共通する原因として多いのが下記です。

  • 接客態度が悪くお客様からクレームが多かったドライバー
  • 業務成績および業務態度が悪かったドライバー
  • 重大な過失により会社へ損害を与えたドライバー
  • 会社から再三の指導を受けても改善する気がない、改善しなかったドライバー
  • 就業規則を破ったドライバー

人との関わりが会社時代よりも楽と捉えられがちなタクシードライバーですが接客業の面をもった職業なので最低限のコミュニケーション能力とお客様へ対する言葉使いや態度が評価される仕事でもあります。

 

必要以上にお客様にへりくだる必要はないかもしれませんが相手側に不快な思いや失礼な態度を取りトラブルや揉め事が多いドライバーは雇い主としてはマイナス評価にしかなりません。

 

新人、新卒、1年目のタクシードライバーに必要なスキルとして接客態度、最低限お客様に不快な思いをさせないコミュニケーション能力、目的地までスムーズに送り届ける事が可能な運転技術と交通情報や地理情報を常に把握することでしょう。

 

タクシー運転手のルールについて

タクシー運転手には守るべきルール、鉄則があります。そのルールとはタクシーの順番待ちです。よく見かける光景に車道を走っている時にお客様に止められ乗せる事が機会が多く、このようにタクシーを利用された人も多いはずです。 しかし、場所によっては止めることができない所でお客様を乗せるわけにはいかないケースもあります。

 

常にお客様がタクシーを利用している状態なら良いのですが逆にまったくお客様が利用しない日、時間帯もでてきます。そんな時はタクシードライバーは待機場所で待つ事が多くなります。タクシー運転手には待機場所が決められおり。人混みの多い=利用客の多い駅前等には待機場所があります。いわゆるタクシー専用の待合場所です。

 

この待合場所は順番が決められていて、前から順番にお客様を乗せ出発、次のタクシーが繰り上がるという仕組みです。非常に混雑する時間帯によってはタクシーの列が長打に成り何時間もお客様が待つ事もあります。

 

お客様が多いからと言ってこの列や順番は抜かす、割り込む事は出来ません、自分のところにお客様が来ても前の列から順番に譲る事が暗黙のルールとなっています。

 

この待機列はお客様で選ぶ事が出来ないので近場へ行くお客様、遠くへいくお客様など様々なお客様が利用しますが タクシー運転手はお客様を乗せて走った距離がお給料に反映されるので出来る限り長距離のお客様を乗せたいのが希望ですが近場希望のお客様が乗車した場合に乗車拒否することはできません。

 

このへんは運、不運の問題なのでお客様にもタクシードライバーにもどうすることも出来ませんが出来ればより長い距離を利用するお客様を乗せたいと願っているのがタクシードライバーの心情といったところです。

 

暗黙のルールとはタクシー待機列を守る事ですが自分の利益だけを優先して割り込みや他タクシーのお客様を客引きするのは業界のルールに反した行為です。そこまでやるタクシードライバーは少ないですが業界に入ったばかりの新人タクシードライバーもルールを守るようにしましょう。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126