カテゴリー:タクシードライバーへの転職の記事一覧

  • タクシードライバーへの転職

カテゴリー:タクシードライバーへの転職

タクシードライバー転職の面接対策!想定質問集への良い答えとは

タクシー業界の採用事情について

今はどこのタクシー会社も人手不足に陥っており、タクシードライバーの需要は高まる一方です。しかしながら勘違いされやすいのが、タクシー経験があったり、2種免許があったりすれば、どこのタクシー会社でも簡単に転職できるということです。

 

実際は決してそんなことはなく、タクシー経験者、つまり現任者は未経験者に比べて転職の際にかなり厳しい目で見られることも多くあります。

 

 採用から養成まで優しいタクシー業界、転職組には厳しいタクシー業界

タクシー業界は今人手不足です。平均年齢は58才を超えており、ドライバーの若返りと、他業種からの新たなタクシードライバーの成り手の養成が業界全体としての課題となっています。

 

そのため、未経験者には継続してタクシー業界で働いてもらおうと2種免許の取得費用を負担したり、給料保証を付けたりと今まではやっていない試みを実行する会社が増えてきています。

 

その一方で、転職組を採用するときの状況は未経験者とは大きく変わってきます。具体的に転職組は未採用と違いどの部分を厳しく見られてしまうのか?採用担当者が面接前に応募者のここを確認するというパートについて説明します。

 

タクシー業界経験年数
タクシー会社の転籍回数
退職理由/転職理由
過去の営業成績
過去の違反内容

 

です。その中でもタクシー会社の採用担当者が一番気にされるのは、転籍回数と在籍年数です。これは退職理由とセットでズバズバと質問される項目です。特に短い期間で転職を繰り返していると採用担当も「なぜ?」と感じてしまいます。

 

転職回数自体が悪く見られるのではなく退職理由をうやむやに答えてしまうと採用担当としてはマイナスイメージにつながるリスクが高まります。例えばこのような質問を採用担当者からされたときどのように応えるべきなのか?

 

  • ・どうして、当社の面接を受けようと思ったのですか?
  • ・どうして、タクシーの仕事をしようと思ったのですか?
  • ・過去に何度か転職されていますが何故ですか?

 

面接でよく見られる失敗例は、採用担当のストレートな質問に萎縮してしっかりとした受け答えができなくなることです。正直、退職理由をストレートに聞かれて平常心を保つのは難しいかもしれません。

 

しかし、採用担当としてはあなたを威圧しているつもりはありません。タクシー業界で働くのは、時に一般企業よりも忍耐力が求められることもあります。タクシーのお仕事ではさまざまな年齢、性別、性格のお客様の対応が必要になります。

 

その中であなたがどう立ち振る舞えるのかが面接で試されていると考えてみましょう。たとえ過酷な環境で退職に追い込まれたことがあったとしても、その経緯だけでなく厳しい状況の中でも自分としてはいかに改善しようと努力をしてきたのか、どんな工夫をしてきたのかが答えられると好印象を与えることでしょう。

 

要は正直に聞かれたことを堂々と応えること、下手にカッコつけても採用担当者は人を見抜くのが仕事でもあるので安易なウソや詭弁はするべきではありません。

 

面接時の服装について

社会人として経験を積まれた方なら当然理解されているはずですが指定された面接日に私服で出向くことは避けてください。社会経験の少ない若い人ならまだ許される(普通の会社なら面接しても採用するは躊躇すると思いますが)範囲でも年齢を重ねた人だと常識を疑われることでしょう。

 

基本は派手すぎない程度のスーツ上下で面接に望めば充分です。できればクリーニング済みの綺麗な状態なら尚よいでしょう。

 

タクシードライバーは接客業の側面も持っているので最低限身なりに気遣いができる人でないとお客様に不快感を与えるリスクもあります、採用担当者もその点はチェックポイントとしてチェックします。

 

必要以上に着飾る必要はありませんがスーツとネクタイ、髪の毛が伸びている場合は清潔感を感じてもらえる程度に整えて面接への準備をしましょう。

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーの転職:志望動機ってどう答えるべき?良い答えのサンプルもまとめました

タクシードライバーへの志望動機のまとめ

タクシードライバーの求人広告は求人情報誌やハローワークで目にする機会がおおいことからも常に人手不足な業種の代表格と言われます。就職難と言われた時代でも変わらず求人広告を出ることで就職しやすい印象が強いのですが、就職後の離職率が高いのもタクシー業界の特徴のひとつです。

 

タクシードライバー給与体系の多くが小額の固定給と走行距離による歩合給という形が大半でお客様が乗らないは手取りが少なくなるデメリットがあります。積極的に働かないと給料が上がらないので怠け癖のある人や受け身の人には向いていない職種のひとつです。実際、タクシードライバーに向いてる人、向いていない人は存在します。では、適正のある人とはどのような人達でしょうか?

 

タクシードライバーに向いてる人のまとめ

ずばりタクシードライバーの適正がある人とはどのような人なのか?
サービス精神が豊富な人
タクシードライバーの仕事ではお客様との会話が必要となります。目的地の確認もそうですし、車内で話しかけられた時に相手に不快な気分にさせない程度のコミュニケーション能力も必要です。観光地への送迎ドライバーの場合にはちょっとしたバスガイド的に名所や名物についてお客様に説明できる能力も必要となるケースがあります。

 

お客様に合わせることができる能力

すべてのお客様と上手くコミュニケーションを取るのは大変難しい能力です、話しやすいお客様、気の合うお客様ばかりが利用するなら問題ありませんが時には機嫌のわるいお客様、短気なお客様、泥酔して絡んでくるお客様の相手をする時が必ずあります。時には暴言を浴びて精神的にキツイこともありますが目的地へ送り届けるまではお客様の相手をしなければなりません。そういった面で相手が望まない人でも合わせる事ができる能力も必要といえます。

 

タクシードライバーの志望動機に入れるべきポイント

志望動機で面接官へ好印象を与えるために取り入れるべきポイントは以下となります。履歴書の応募動機や面接の際は是非とりいれてみてください。

 

  • ・まじめ、実直、誠実な性格
  • ・車の運転が好き、車が好き
  • ・人との会話が好き、旅行や観光名所巡りが好き
  • ・頑張った分だけ稼ぎたい
  • ・健康、体力に自信がある

 

採用側で重視するのがコミュニケーション能力・体力面です。長時間の送迎業務は予想以上に体力を消耗するので体力に自信のない人にはキツイ職場です。健康な人、体力面で自信のある人は有利と言えます。

 

「コミュニケーション能力が高い=お客様と良い関係を作れる」と考えると良いでしょう。タクシーを利用される様々なお客様に柔軟に対応できるコミュニケーション能力が求められます。お客様かからの印象が良ければ次回には指名して下さるチャンスもあります。指名の多いタクシードライバーは会社にとっても稼いでくれる社員です。
タクシードライバーへの志望動機の具体例

最後に、タクシードライバーの志望動機の具体例を紹介します。志望動機の書き方に悩む人は、具体例の書き方を参考にポイントをおさえて、自分を効果的にアピールする志望動機を作成してください。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
私は長年、スーパーチェーンの配送部門に勤務し、商品のトラック配送を担当してきました。事業縮小によって退職を余儀なくされたため、自動車の運転技術を生かせる仕事として、タクシードライバーへの転職を決心しました。貴社は県内随一の伝統あるタクシー会社であり、地域住民からの信頼も厚く、もっとも安心して働ける職場であると思い、応募させていただきました。
時節柄、タクシーの仕事も楽ではないと覚悟しておりますが、安全運転に配慮しながら、お客様へのサービス第一をモットーとしてがんばりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
この度、貴社のタクシードライバーの求人に応募させて頂いたのは、貴社の地域に密着したサービスに魅力を感じたからです。私はこれまでトラックの運搬ドライバーをおこなってまいりましたが、商品を運搬する毎日を過ごす中で、もっと人と触れあい、人に直接奉仕ができる仕事に就きたいと思うようになりました。
そこでタクシードライバーになることを決意したものの、一般的なタクシー会社では、なかなか人と深く関わることができないと考えました。地域密着型の貴社は、地域の人に丁寧にサービスを提供することができるという意味でとても魅力的で、今回応募させて頂きました。今までのドライバーとしての経験を活用して、貴社のタクシードライバーとして大きく貢献したいです。宜しくお願い致します。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
業界誌の記事で社長の経営理念を知りました。利益を社会に還元していくことで会社を成長させるという考え方に、たいへん共鳴しました。それを実現させるシステムが整っていることにも将来性を感じています。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
貴社を志望したのは、自分自身を正当に評価していただける会社だと思ったからです。実力主義を取り入れ、年齢に関係なく社員の力が給与に反映される貴社の環境であれば、負けず嫌いの私はどこまでも頑張って仕事をできると思います。

 

以上、タクシードライバーになるための志望動機の書き方と例文をまとめて紹介しました。タクシードライバーは、未経験者歓迎の求人が多く、挑戦しやすい職種です。ただ、現在は、一種の接客業という位置づけでもあるので、安全な運転技術や地理を学ぶ意欲があることに加え、きちんとコミュニケーションできるかどうか、が採用の可否に関わるようです。なお、タクシードライバーになるには、普通第二種免許免許が必要です。こちらは、採用後に会社の補助を受けて取得できますが、普通自動車免許を取得して3年経たないと受験資格がないので注意が必要です。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシーの好条件求人探しには転職サイトを使うべし!オススメサイトは3つ(ドライバーズワーク・転職道・タクQ)概要や求人数・それぞれのサイトの強みまとめ

タクシードライバーおすすめ転職3サイトまとめ

タクシードライバーへの転職を考えてる方が転職情報を探すのに便利な転職サイト3つについてまとめてみました。3つとも素晴らしい求人情報量を掲載しており求人情報が被っている会社もあります。また求人募集地域が全国ではなく関東、関西の大都市に集中しているケースも確認しました。これはタクシーという職種を考えれば分かることですが人を多く乗せることで利益を得る仕事ですから当然、人口の多い地域での仕事となります。

 

関東なら東京、関西なら大阪が人気の求人となり、その周辺都市部も求人がおおくなるケースです。残念ながら地方都市からの求人は少ない傾向があり多く稼ぎたい人は大都市への求人に集中します。

 

各サイトも大都市への求人掲載数が多く、サイト独自の転職サポートも充実しています、専属スタッフに転職相談、再就職祝い金制度などもあるので比較して自分に最適なサイトで転職を検討してください。

 

もちろん転職サイトの閲覧は全て無料、転職サポートへのメール質問も無料です。お住いの地域が転職サイトと近い場合は転職サポートスタッフと面談することも可能ですし面談についても無料対応しているのがほとんどです。

 

ドライバーズワークの特徴

ドライバーズワークの特徴についてまとめてみました。

 

  • ・サイト会員登録制、全国検索機能あり
  • ・スタッフによるオススメ求人掲載が随時更新される
  • 面接までの手続きはサイト内で完了できる
  • タクシードライバー以外ににもバスドライバー、フォークリフト等の求人あり
  • ・土日休み、高給与など自分の希望から求人検索可能

 

求人広告数が1,214件、他サイトと較べて検索する条件など絞込機能が豊富なのが特徴、面接までの手続きまで全てサイト内で完了します。

 

★「ドライバーズワーク」は、あなたの新しいキャリアのスタートを応援しています!
「ドライバーズワーク」は、ドライバー・運転手に特化した転職・求人サイトです。大型トラック、中型トラック、小型トラックのドライバーはもちろん、フォークリフト、タクシードライバー、バスドライバー、ハイヤードライバー、などさまざまな職種での求人をご用意しています。取り扱っている免許種別は、大型1種免許、大型2種免許、中型1種免許、中型2種免許、大型特殊免許、普通一種免許、普通二種免許、フォークリフト、などの求人もございます。独自に収集した公共職業安定所にて公開される求人情報をあわせて、自在に検索することができます。また、気になる求人情報を保存したり、オススメの求人情報をメールで取得したりすることができます。是非、あなたの希望の条件で、最適な求人をお探しください。」

 

*公式サイトより抜粋

 

転職道.comの特徴

転職道.COMの特徴についてまとめてみました。

 

  • 8都市(東京、埼玉、神奈川、千葉、愛知、大阪、兵庫、京都)に特化
  • ・上記8都市から各市町村での求人検索が可能
  • ・無料会員登録後は無料転職相談の利用が可能(電話対応)
  • ・現役タクシードライバーのコラム、Q&Aなどコンテンツが豊富
  • 地方からの転職者用に寮完備の求人情報がおおい

 

転職道.COMは主に8都市に特化した求人情報となり稼げる求人広告や目的に合わせた転職情報を探している人におすすめの転職サイト。無料会員登録後には電話での無料転職相談にも対応しています。

 

「転職道.COMは、タクシードライバーの仕事に特化したタクシー会社の求人募集情報サイトです。掲載する求人募集情報をタクシーの求人に絞ることで、他の求人情報サイトに掲載していないような細かな情報を掲載しています。

 

タクシーの求人情報に特化しているため、条件検索や、求人ページの作りもタクシー専門。東京都や神奈川県を中心に掲載。 未経験の方には分かりづらいタクシー業界の用語を説明するコンテンツもご用意。 タクシーで働くのに必要な資格やお給料など、タクシー業界へ転職するにあたって必要な判断材料になるかと思います。 また、当社では転職相談も受け付けておりますのでお気軽にご利用ください。」

 

*公式サイトより抜粋

 

タクQの特徴

タクQの特徴まとめてみました。

 

  • ・9都道府県の求人に特化(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、宮城、大阪、京都、兵庫)
  • ・タクシー無料転職相談あり(メール、電話ともに対応)
  • 転職無料支援サービスあり
  • ・定期的にタクシー会社合同説明会の開催あり
  • 生活支援制度あり
  • 出張面接、電話面接対応可能

 

今回、紹介する3サイトの中で地域に特化しますがオススメはタクQだと思いました。まずサイト内のコンテンツが多様で転職希望者の疑問に応える形となっていること。生活支援制度や年金受給者でも転職できる求人を掲載していること。他サイトにはない出張面接や電話での面接対応も実地していること。

 

サイト構成やサービスがとことん親切なのでタクシードライバーの給与や仕事内容、資格などの疑問、質問もサイト内で説明済みな点も評価できます。

 

「タクQは業界に特化し、転職および就職活動をされている方のために乗務員を募集しているタクシー会社の求人情報をご案内しています。厳選した案件のみを掲載していますので、じっくりと内容を比較検討してください。 応募する際には、応募フォームをお使いいただくか転職相談窓口へお電話またはメールにてご連絡ください。ご利用には一切料金をいただいておりません。 ご希望の条件で納得いくまでお探しください。 東京都および神奈川県、埼玉県と宮城県仙台市および大阪府、京都府、兵庫県を中心に正社員または定時制のタクシードライバー・乗務員募集の求人案件を扱っていますので地方からの出稼ぎや、UターンやIターンをお考えの際にもご利用ください。」

 

*公式サイトより抜粋

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126

タクシードライバーは完全に人手不足?無職・フリーターからの転職でも比較的良い条件で働きやすい職場って本当?

タクシー業界が人で不足の理由

おおくの求人広告に掲載されている通りタクシー業界は慢性的なタクシードライバー不足に陥りやすい業界と言われています。過去のタクシー業界とは違い休みがちゃんとと取れて最低限生活に必要な固定給は確保されている、就職への難易度は高くない等、再就職先としては人気の職種であるにも関わらず、なぜ慢性的に人手不足が起きるのでしょうか?

 

人手不足の大きな原因として高齢のドライバーが多いという特徴があります。高齢ドライバーが退職していく中で人材募集を行っても若い年代の人が集まらない、募集に応募してくる人の多くが中高年のため数年すると退職してしまうなどが挙げられます。

 

人手不足を解消するためには若い人に長く会社に在籍して働いてもらうことですが、現在のタクシー会社の多くが待遇を改善したり、運転でタクシードライバーに必要な二種免許の資格費用を会社負担したりと受け入れる側の改善も急速に進んでいます。

 

こうした取り組みを行っても人手不足が解消されないのは給料が歩合制である、夜勤などおおい勤務体系であることが若い人には敬遠されがちな原因となっています。

 

勤務形態の変化

こういったタクシードライバーに対するマイナスイメージを変え、人手不足解消のために「日中のみの勤務」の採用や女性ドライバーを採用する変化が表れてきました。

 

特に「日中のみ勤務可能」となったことで今まで少なかった女性タクシードライバーが年々増加傾向に転身し短時間労働などのパート勤務で子育てをしながら働く人も増えてきています。
また今後は女性らしいきめ細やかな気配りがタクシー業界へ新風を吹き込み、より多くの若者や女性が就業の対象としてタクシードライバーを選ぶことに期待が寄せられています。同じく今まで男性社会となっていた業界も女性に優しい快適な職場へと変改し始めています。

 

資格面の優遇でも現在は改善がすすみ50代の方が「若い」と言われるタクシー業界ですが、タクシードライバー未経験でもタクシー会社で様々な研修を用意し就職しやすい環境を整えてきています。

 

タクシードライバーの離職率

タクシー業界は慢性的な人手不足のため採用は常に行われており、採用条件も他業界より厚遇なケースが増えてきています。なぜ採用門戸が広く条件も良くなってきているのか?その理由のひとつが離職率が高く、1年未満で辞めてしまう運転手がおおいという現実があるからです。

 

タクシー業界に転職してくる方のおおくは、廃業した自営業者やリストラ、早期退職したサラリーマンが大半です。これまで運転業務と顧客サービスには無縁の人たちには複雑な道路事情を把握しつつお客様の要求に応じる大変さに堪えらないストレスを感じる人、過去の職歴から嫌なことがあると辞めてしまう癖がついてるため仕事にたいしての執着心や責任感に乏しい人も転職してくる側面があります。

 

対お客様へのサービス強化

現代のタクシー会社の多くは、接客・接遇を強化しサービスの良いタクシー会社へと変化、改善されつつあります。以前のような粗野であったりサービス業を理解していないタクシー運転手は淘汰されるか、稼ぎが減って退職を選ぶことになります。この接客サービス競争に付いてこれないドラーバーの多くは退職をすることになりますがその一方で会社側としては悪い接客だったドライバーよりも良い接客の出来るドライバー、これから教育することで期待できるドライバーへの条件を厚遇する傾向が強まっています。

 

その中でも特に求人募集の面で若く長い期間を会社で働いてもらえる可能性の高い新人タクシー乗務員確保が重要な会社方針となっています。

 

サービス強化、接客・接遇の出来るタクシー会社は大手企業との契約や公的機関からの利用依頼など増加する傾向がある、それに伴い業務拡大に必要な予約も増加して売上を伸ばす会社も増えてきています。この傾向は地方よりも都市部で顕著となっていて都市部のタクシー会社と地方のタクシー会社との格差にもなっています。

 

粗悪なドライバー、タクシー会社では生き残れない時代

実際に自分が利用者側としてタクシーを利用する際に挨拶もなく無愛想なドライバーと笑顔で挨拶し丁寧な対応してくれるドライバーとではどちらが利用したいと思うか?答えはおのずと出るはずです。

 

また運転マナーの悪いタクシードライバーも現在では少なくなり大半の会社はドライブレコーダー搭載とGPSによる車速記録など行われマナーの悪いドライバーが出てこないよう管理されてきています。

 

また良し悪しもありますが第三者が悪質な運転をするドライバーをスマホなどで録画してインターネット動画共有サイトへ投稿するケースも増えています、実際に悪質な運転をしたタクシードライバーを動画共有サイトへアップし会社が知ることになり解雇へとつながったケースも存在します。

 

このように今後ますますサービス面が強化され、その流れについていけないタクシードライバーやタクシー会社は淘汰されていくことになるでしょう。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126