タクシードライバーへの志望動機のまとめ

タクシードライバーの求人広告は求人情報誌やハローワークで目にする機会がおおいことからも常に人手不足な業種の代表格と言われます。就職難と言われた時代でも変わらず求人広告を出ることで就職しやすい印象が強いのですが、就職後の離職率が高いのもタクシー業界の特徴のひとつです。

 

タクシードライバー給与体系の多くが小額の固定給と走行距離による歩合給という形が大半でお客様が乗らないは手取りが少なくなるデメリットがあります。積極的に働かないと給料が上がらないので怠け癖のある人や受け身の人には向いていない職種のひとつです。実際、タクシードライバーに向いてる人、向いていない人は存在します。では、適正のある人とはどのような人達でしょうか?

 

タクシードライバーに向いてる人のまとめ

ずばりタクシードライバーの適正がある人とはどのような人なのか?
サービス精神が豊富な人
タクシードライバーの仕事ではお客様との会話が必要となります。目的地の確認もそうですし、車内で話しかけられた時に相手に不快な気分にさせない程度のコミュニケーション能力も必要です。観光地への送迎ドライバーの場合にはちょっとしたバスガイド的に名所や名物についてお客様に説明できる能力も必要となるケースがあります。

 

お客様に合わせることができる能力

すべてのお客様と上手くコミュニケーションを取るのは大変難しい能力です、話しやすいお客様、気の合うお客様ばかりが利用するなら問題ありませんが時には機嫌のわるいお客様、短気なお客様、泥酔して絡んでくるお客様の相手をする時が必ずあります。時には暴言を浴びて精神的にキツイこともありますが目的地へ送り届けるまではお客様の相手をしなければなりません。そういった面で相手が望まない人でも合わせる事ができる能力も必要といえます。

 

タクシードライバーの志望動機に入れるべきポイント

志望動機で面接官へ好印象を与えるために取り入れるべきポイントは以下となります。履歴書の応募動機や面接の際は是非とりいれてみてください。

 

  • ・まじめ、実直、誠実な性格
  • ・車の運転が好き、車が好き
  • ・人との会話が好き、旅行や観光名所巡りが好き
  • ・頑張った分だけ稼ぎたい
  • ・健康、体力に自信がある

 

採用側で重視するのがコミュニケーション能力・体力面です。長時間の送迎業務は予想以上に体力を消耗するので体力に自信のない人にはキツイ職場です。健康な人、体力面で自信のある人は有利と言えます。

 

「コミュニケーション能力が高い=お客様と良い関係を作れる」と考えると良いでしょう。タクシーを利用される様々なお客様に柔軟に対応できるコミュニケーション能力が求められます。お客様かからの印象が良ければ次回には指名して下さるチャンスもあります。指名の多いタクシードライバーは会社にとっても稼いでくれる社員です。
タクシードライバーへの志望動機の具体例

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

最後に、タクシードライバーの志望動機の具体例を紹介します。志望動機の書き方に悩む人は、具体例の書き方を参考にポイントをおさえて、自分を効果的にアピールする志望動機を作成してください。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
私は長年、スーパーチェーンの配送部門に勤務し、商品のトラック配送を担当してきました。事業縮小によって退職を余儀なくされたため、自動車の運転技術を生かせる仕事として、タクシードライバーへの転職を決心しました。貴社は県内随一の伝統あるタクシー会社であり、地域住民からの信頼も厚く、もっとも安心して働ける職場であると思い、応募させていただきました。
時節柄、タクシーの仕事も楽ではないと覚悟しておりますが、安全運転に配慮しながら、お客様へのサービス第一をモットーとしてがんばりますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
この度、貴社のタクシードライバーの求人に応募させて頂いたのは、貴社の地域に密着したサービスに魅力を感じたからです。私はこれまでトラックの運搬ドライバーをおこなってまいりましたが、商品を運搬する毎日を過ごす中で、もっと人と触れあい、人に直接奉仕ができる仕事に就きたいと思うようになりました。
そこでタクシードライバーになることを決意したものの、一般的なタクシー会社では、なかなか人と深く関わることができないと考えました。地域密着型の貴社は、地域の人に丁寧にサービスを提供することができるという意味でとても魅力的で、今回応募させて頂きました。今までのドライバーとしての経験を活用して、貴社のタクシードライバーとして大きく貢献したいです。宜しくお願い致します。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
業界誌の記事で社長の経営理念を知りました。利益を社会に還元していくことで会社を成長させるという考え方に、たいへん共鳴しました。それを実現させるシステムが整っていることにも将来性を感じています。

 

タクシードライバーの志望動機例
【例文】
貴社を志望したのは、自分自身を正当に評価していただける会社だと思ったからです。実力主義を取り入れ、年齢に関係なく社員の力が給与に反映される貴社の環境であれば、負けず嫌いの私はどこまでも頑張って仕事をできると思います。

 

以上、タクシードライバーになるための志望動機の書き方と例文をまとめて紹介しました。タクシードライバーは、未経験者歓迎の求人が多く、挑戦しやすい職種です。ただ、現在は、一種の接客業という位置づけでもあるので、安全な運転技術や地理を学ぶ意欲があることに加え、きちんとコミュニケーションできるかどうか、が採用の可否に関わるようです。なお、タクシードライバーになるには、普通第二種免許免許が必要です。こちらは、採用後に会社の補助を受けて取得できますが、普通自動車免許を取得して3年経たないと受験資格がないので注意が必要です。

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126