タクシー業界が人で不足の理由

おおくの求人広告に掲載されている通りタクシー業界は慢性的なタクシードライバー不足に陥りやすい業界と言われています。過去のタクシー業界とは違い休みがちゃんとと取れて最低限生活に必要な固定給は確保されている、就職への難易度は高くない等、再就職先としては人気の職種であるにも関わらず、なぜ慢性的に人手不足が起きるのでしょうか?

 

人手不足の大きな原因として高齢のドライバーが多いという特徴があります。高齢ドライバーが退職していく中で人材募集を行っても若い年代の人が集まらない、募集に応募してくる人の多くが中高年のため数年すると退職してしまうなどが挙げられます。

 

人手不足を解消するためには若い人に長く会社に在籍して働いてもらうことですが、現在のタクシー会社の多くが待遇を改善したり、運転でタクシードライバーに必要な二種免許の資格費用を会社負担したりと受け入れる側の改善も急速に進んでいます。

 

こうした取り組みを行っても人手不足が解消されないのは給料が歩合制である、夜勤などおおい勤務体系であることが若い人には敬遠されがちな原因となっています。

 

勤務形態の変化

こういったタクシードライバーに対するマイナスイメージを変え、人手不足解消のために「日中のみの勤務」の採用や女性ドライバーを採用する変化が表れてきました。

 

特に「日中のみ勤務可能」となったことで今まで少なかった女性タクシードライバーが年々増加傾向に転身し短時間労働などのパート勤務で子育てをしながら働く人も増えてきています。
また今後は女性らしいきめ細やかな気配りがタクシー業界へ新風を吹き込み、より多くの若者や女性が就業の対象としてタクシードライバーを選ぶことに期待が寄せられています。同じく今まで男性社会となっていた業界も女性に優しい快適な職場へと変改し始めています。

 

資格面の優遇でも現在は改善がすすみ50代の方が「若い」と言われるタクシー業界ですが、タクシードライバー未経験でもタクシー会社で様々な研修を用意し就職しやすい環境を整えてきています。

 

タクシードライバーの離職率

タクシー業界は慢性的な人手不足のため採用は常に行われており、採用条件も他業界より厚遇なケースが増えてきています。なぜ採用門戸が広く条件も良くなってきているのか?その理由のひとつが離職率が高く、1年未満で辞めてしまう運転手がおおいという現実があるからです。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

タクシー業界に転職してくる方のおおくは、廃業した自営業者やリストラ、早期退職したサラリーマンが大半です。これまで運転業務と顧客サービスには無縁の人たちには複雑な道路事情を把握しつつお客様の要求に応じる大変さに堪えらないストレスを感じる人、過去の職歴から嫌なことがあると辞めてしまう癖がついてるため仕事にたいしての執着心や責任感に乏しい人も転職してくる側面があります。

 

対お客様へのサービス強化

現代のタクシー会社の多くは、接客・接遇を強化しサービスの良いタクシー会社へと変化、改善されつつあります。以前のような粗野であったりサービス業を理解していないタクシー運転手は淘汰されるか、稼ぎが減って退職を選ぶことになります。この接客サービス競争に付いてこれないドラーバーの多くは退職をすることになりますがその一方で会社側としては悪い接客だったドライバーよりも良い接客の出来るドライバー、これから教育することで期待できるドライバーへの条件を厚遇する傾向が強まっています。

 

その中でも特に求人募集の面で若く長い期間を会社で働いてもらえる可能性の高い新人タクシー乗務員確保が重要な会社方針となっています。

 

サービス強化、接客・接遇の出来るタクシー会社は大手企業との契約や公的機関からの利用依頼など増加する傾向がある、それに伴い業務拡大に必要な予約も増加して売上を伸ばす会社も増えてきています。この傾向は地方よりも都市部で顕著となっていて都市部のタクシー会社と地方のタクシー会社との格差にもなっています。

 

粗悪なドライバー、タクシー会社では生き残れない時代

実際に自分が利用者側としてタクシーを利用する際に挨拶もなく無愛想なドライバーと笑顔で挨拶し丁寧な対応してくれるドライバーとではどちらが利用したいと思うか?答えはおのずと出るはずです。

 

また運転マナーの悪いタクシードライバーも現在では少なくなり大半の会社はドライブレコーダー搭載とGPSによる車速記録など行われマナーの悪いドライバーが出てこないよう管理されてきています。

 

また良し悪しもありますが第三者が悪質な運転をするドライバーをスマホなどで録画してインターネット動画共有サイトへ投稿するケースも増えています、実際に悪質な運転をしたタクシードライバーを動画共有サイトへアップし会社が知ることになり解雇へとつながったケースも存在します。

 

このように今後ますますサービス面が強化され、その流れについていけないタクシードライバーやタクシー会社は淘汰されていくことになるでしょう。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126