タクシー業界への転職・就職で失敗した人の共通点

タクシー業界へ転職後にやめてしまった人達の共通点、原因についてまとめてみました。これからタクシー業界への転職を検討している人達は自分は転職後に同じ理由でやめることがないよう参考にしてください。

 

タクシー業界から転職後に辞めた人達の共通する理由とは

  • 求人広告内容を鵜呑みにしていた。
  • 就職後の人間関係に悩まされた。
  • 固定休が少なく歩合制で給与が予想より低かった。
  • 業務時間帯が夜間から早朝にかけてのため体力が持たなかった。

などが代表的な理由ですが、他業種とタクシー業界のもっとも違うところはタクシー業界に転職される年代の多くは40代から50代後半に集中している点です。

 

一般的によほど特別なスキルや実績がない限りは40代からの転職は難しいと言われており自己退職や解雇された中高年の方が再就職先で以前の会社より高待遇な会社に転職できる可能性が低いのが実情です。

 

むしろ再就職先が決まらない方のほうが多いでしょう。そのため中高年の方で未経験の人でも比較的就職しやすいタクシー業界への就職希望者が多くなってきています。しかし、いざ就職すると求人広告内容と実際には開きがあった、業務内容がキツイ、拘束される時間と比較して手取りが少ない等の待遇に不満が出てきて辞めてしまう人が多いのもタクシー業界の特徴です。

 

好不景気の波があってもタクシー業界は常に求人広告を出し続ける業界として有名であり、如何に「就職しやすく、辞める人が多いか」を証明する形となっています。

 

前職よりタクシードライバーの給与が低い理由

40代から50代にかけての中高年と呼ばれる世代の人達が転職を検討しているタクシー業界が実は向いていないのではないか?と思われる理由についてまとめてみました。まず、以前の就職先が余程のは薄給でないかぎり転職後のタクシードライバーとしての給与のほうが低いのが現実であること。

 

多くの企業では40代から50代は会社の主力として働いてる年代であり会社役員、中間管理職につく人達が増える年代でもあります、役職がつくことに比例して給与もあがります。

 

もし、上記のように役職付き、管理職の人がタクシードライバーに転職希望される場合は給与はダウンすることを覚悟して転職してください。求人広告に記載された給与の多くは会社が保証する「固定給」とお客様を乗せて走った走行距離による「歩合給」が合算された支給額のケースが大半です。

 

もちろん実際に求人広告と同じく稼いでるタクシードライバーは存在するでしょうし、会社によって本当に広告通りの給与を支払う会社も存在しますが大半のタクシー会社は「固定給+歩合給」が給与額面となります。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

そして固定給は実働時間や拘束される時間と比例しないケースがおおく低いのも特徴です。一見、給与額がおおく見えるタクシー業界ですが歩合給で稼げないかぎりは一般的な給与レベルと比較すると安い職種です。

 

歩合給で稼げない限り給与は低い

 

この点を把握しないで前職の給与と比較する転職者はやる気を失うケースがおおく自己退職、会社からの解雇につながっていきます。

 

体力がもたない人がおおい

タクシードライバーはお客様を乗せることで歩合給が発生しますが日中よりも夜間から早朝にかけて稼ぎやすい業界とも言われることがおおく、実際に駅前や繁華街のタクシー待合場所を深夜帯に訪れるとそれなりに利用客がおおいことがわかります。

 

逆に日中はオフィス街で利用されることもありますが稼ぎ場所にはより多くのタクシードライバーが集合するので思ったほど歩合給で稼げないという事もあります。そんなタクシードライバーですが中高年から転職された人達が苦労するのは夜討ち朝駆け的な勤務形態です。

 

前述したとおり固定給+歩合制が大半の給与ですから人が多く流れる夜間帯から早朝にかけて出勤するケースが多くなります、必然的に本来なら寝ているはずの時間帯に起きて活動するので体調に変化が訪れます。

 

深夜活動するなら日中に寝ればよいのでは?と思う人もいるかもしれませんが夜間の睡眠と日中の睡眠では一日の疲れの抜け方に開きがあり深夜帯の勤務が続くと疲れが溜まりやすくなりがちです。特に中高年層に突入すると体力の低下しがちなので睡眠不足はモロに体調不良へと響いてきます。

 

人間関係のストレスが意外におおい

人付き合いが苦手だからタクシードライバーへ転職を考え、実際に転職された人が悩む原因のひとつに人間関係があります。法人の社員として雇われるのですから当然、人付き合いは避けることができないものです。

 

さらにタクシーという空間の中ではお客様様と自分だけの時間もあり、その間をまったくの無言で過ごせることはほぼ皆無です。タクシードライバーはサービス業の側面もありお客様との会話に神経を使う機会も多く発生します。

 

お客様様から不興を買い会社へクレームが届くと自身の査定にも響くので言葉使いや対応にも気をつける必要がでてきます。また全てのお客様が優しいことも少なく、深夜帯や繁華街で利用されるお客様の多くはアルコールを摂取して普段より気が大きくなっているケースもあり、そのため言葉使いや発言内容も普段とは違い粗野になる傾向もあります。

 

それらに対して反論せず対応するのはなかなか大変で精神的なストレスも積み重なりタクシードライバーという職業が嫌になるケースもあります。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126