新人、新卒、1年目のタクシードライバーに求められる事

タクシードライバーという職業に限らず求められるのは社会人としての常識、接客側の礼儀や言葉使い、担当地区の交通情報や地理情報など多岐にわたります。常に求人広告を見かけるタクシードライバー求人ですが、求人募集に応募し就職に成功しても平均在籍が約8年と非常に短期間でわかるよう労働条件、給与条件は厳しい業種です。

 

その中で人手不足の会社側でクビにするドライバーも数多く存在します。解雇されるドライバーに共通する原因として多いのが下記です。

  • 接客態度が悪くお客様からクレームが多かったドライバー
  • 業務成績および業務態度が悪かったドライバー
  • 重大な過失により会社へ損害を与えたドライバー
  • 会社から再三の指導を受けても改善する気がない、改善しなかったドライバー
  • 就業規則を破ったドライバー

人との関わりが会社時代よりも楽と捉えられがちなタクシードライバーですが接客業の面をもった職業なので最低限のコミュニケーション能力とお客様へ対する言葉使いや態度が評価される仕事でもあります。

 

必要以上にお客様にへりくだる必要はないかもしれませんが相手側に不快な思いや失礼な態度を取りトラブルや揉め事が多いドライバーは雇い主としてはマイナス評価にしかなりません。

 

新人、新卒、1年目のタクシードライバーに必要なスキルとして接客態度、最低限お客様に不快な思いをさせないコミュニケーション能力、目的地までスムーズに送り届ける事が可能な運転技術と交通情報や地理情報を常に把握することでしょう。

 

タクシー運転手のルールについて

タクシー運転手には守るべきルール、鉄則があります。そのルールとはタクシーの順番待ちです。よく見かける光景に車道を走っている時にお客様に止められ乗せる事が機会が多く、このようにタクシーを利用された人も多いはずです。 しかし、場所によっては止めることができない所でお客様を乗せるわけにはいかないケースもあります。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

常にお客様がタクシーを利用している状態なら良いのですが逆にまったくお客様が利用しない日、時間帯もでてきます。そんな時はタクシードライバーは待機場所で待つ事が多くなります。タクシー運転手には待機場所が決められおり。人混みの多い=利用客の多い駅前等には待機場所があります。いわゆるタクシー専用の待合場所です。

 

この待合場所は順番が決められていて、前から順番にお客様を乗せ出発、次のタクシーが繰り上がるという仕組みです。非常に混雑する時間帯によってはタクシーの列が長打に成り何時間もお客様が待つ事もあります。

 

お客様が多いからと言ってこの列や順番は抜かす、割り込む事は出来ません、自分のところにお客様が来ても前の列から順番に譲る事が暗黙のルールとなっています。

 

この待機列はお客様で選ぶ事が出来ないので近場へ行くお客様、遠くへいくお客様など様々なお客様が利用しますが タクシー運転手はお客様を乗せて走った距離がお給料に反映されるので出来る限り長距離のお客様を乗せたいのが希望ですが近場希望のお客様が乗車した場合に乗車拒否することはできません。

 

このへんは運、不運の問題なのでお客様にもタクシードライバーにもどうすることも出来ませんが出来ればより長い距離を利用するお客様を乗せたいと願っているのがタクシードライバーの心情といったところです。

 

暗黙のルールとはタクシー待機列を守る事ですが自分の利益だけを優先して割り込みや他タクシーのお客様を客引きするのは業界のルールに反した行為です。そこまでやるタクシードライバーは少ないですが業界に入ったばかりの新人タクシードライバーもルールを守るようにしましょう。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126