タクシードライバーで稼げるのは大都市に集中

まず先に結論から申し上げるとタクシードライバーで稼ぎたければ首都圏を中心とした大都市で営業する必要があります。一般的なタクシードライバーのひと月あたりの勤務回数は12回から15回程度で、この回数で確実に稼げるタクシードライバーになるには、多くのお客様に利用してもらうことが大前提となります。多くのお客様は地方都市で望めないのは誰しも理解できるはずです。多くのお客様に利用してもらうには人口密度の高い大都市が働き場となります。そこで他の大都市ではなく東京都を中心として稼ぎについて説明してみます。

 

人口密度の高い場所としてはやはり東京、大阪、名古屋などの大都市になりその中でも人口が最も多いのが東京都です。しかし、東京ならどこでもいいというワケではありません。都内でも特にタクシーのお客さんの利用が多いのが東京23区・武蔵野市・三鷹市の「特別区・武三地区」と呼ばれるところが最も稼げる場所です。

 

東京都以外の地方都市では、人の数も東京都内に比べて少なく観光が中心になってしまい稼ぎも都内に比べ劣ります更に観光名所は年間通して行ける場所でないところがおおく四季によって稼げる時期も狭まってしまいます。

 

勤務地を適切に選んでもタクシーの営業スタイル方法に誤りがあると稼ぎにつながらない点も理解する必要があります。タクシードライバーの稼ぎ方として大きく分けて駅や乗り場にタクシーを停めてお客様を待つ付け待ち営業と、道を走りながらお客様を探す流し営業、お客様の要請でお迎えにいく配車の3つに分類されます。

 

付け待ち営業の特徴は、タクシードライバーが順番にお客様を乗せる営業スタイルでお客様を選べません。近距離のお客様もいれば、遠方まで行く長距離のお客様もいます。この場合、近距離のお客様を数多く乗せても売上はあまり期待できません。

 

流し営業は、流しながらお客様を乗せる営業スタイルで主に繁華街やの飲み屋街などで行われる営業スタイルです。大きな繁華街、飲み屋街がある大都市ではマメに周回することで一定のお客様を乗せることも可能ですが週末に集中するため平日の売上が芳しくないというデメリットも発生しやすくなります。

 

付け営業、流し営業のどちらの営業スタイルでも下記ポイントを抑えて営業すると良いでしょう。

 

  • ・富裕層ちの多い場所(港区など)
  • ・大きな会社が多い場所やビジネス街(大手町周辺)
  • ・坂のおおい場所(杉並区、目黒区、世田谷区など)
  • ・飲み屋街、繁華街の多い場所(新宿区、渋谷区、新橋など)

 

タクシードライバーの稼ぎ方

一般的なタクシードライバーの勤務は月に12回から15回程度と言われますが1回の売上が平均は4万円前後が多く計算すると月48万円から60万円が売上となります。この売上から6割ほどがドライバーの売上となるので月額28万円から36万円前後の収入となります。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

勤務回数で比例すると良い給与に見えますが固定された給与と歩合給を足した金額なので必ずしもこの金額が保障されるわけではありませんし、夜勤も含めての月額なので拘束時間で換算するとそれほど高級という訳でもありません。

 

そこで効率よく稼ぐためにはどうすれば良いのか?あるベテランタクシードライバーの方の稼ぎ方を紹介します。今回、紹介させて頂くのはこちらの記事に紹介されている「大塚氏」です。

 

*参考記事 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他

 

●目的のない流し営業はしない
「都内の場合、山手線のターミナル駅をベース拠点に、お客を降ろしたら、一番近くて必ず捕まえられる別のベース拠点駅を目指す。その移動はお客ゲット確率の高いコースを選ぶ。流しは移動の手段」

 

●地域密着型は最悪、広域型営業を目指せ
遠距離のお客を降ろしたら急いで自分の地元に戻ろうとする運転手は多いが、これこそ愚策だと大塚氏は語る。

「長距離を空車のままで戻ってくるのは効率が悪い。降ろした先々でも、どこに行けばお客が拾えるか、営業エリア内のデータの蓄積が重要なんです」

 

●頭を使って知恵を出せ 知恵がなければ汗をかけ
自分なりの稼ぎ場を発掘するための情報収集は欠かさない。電車の終電時刻はもちろん、都内の大劇場の昼夜の終演時間、野球やサッカーなどの終了時間も頭に叩き込む。主な施設の2~3か月先までの行事日程を知らせてくれるFAXサービスもあり、取り寄せて頭に入れておくことも大切だという。

 

「情報が頭の隅にあれば、無駄な動きが減らせる。1000人規模のイベントでは約1割がタクシーを利用するので、それを逃す手はない」(大塚氏)

 

お得意様を捕まえる営業活動も大切だという。大塚氏の場合、馴染みの場所で、タクシーを通勤の足にしている人を探し、常に何人かキープしていたという。

 

●ロング狙いは御法度
「ロングかどうかは結局のところ運次第。仮に長距離客がいても都心まで戻るのに2~3時間かかれば、都心でこまめに乗車率を上げるほうが効率はずっといい。空車の時間帯を作らないことが大事なんです」(大塚氏)

 

タクシーは法律で一日走行距離365km以内、出庫から帰庫まで21時間以内と決められている。いかに空車走行をしないかが最大の勝負どころなのだ。

 

*一部、抜粋 「カリスマタクシー運転手の儲けの極意 ロング狙いはご法度他 」より

 

如何でしょうか?

稼ぎ場で稼ぐことはもちろんですがタクシードライバーが敬遠しがちな遠距離や近距離でも稼ぐための工夫や心構えは参考にすべきポイントです。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126