タクシードライバーを辞める理由

タクシードライバーの募集は求人広告でいつも見かけますが、いつも見かけるということは、退職してしまう人が多いと言えるかもしれません。ハッキリ言えば就職しやすく退職されやすい職種だと言えます。

タクシードライバーの方が辞めてしまう理由を大きく分けると下記にの3つが挙げられます。

 

  • ・拘束時間が長いこと
  • ・歩合給であること
  • ・サービス業であること

 

それでは、なぜこの3つが辞める理由の代表格なのか解説していきます。まず、拘束時間についてです。前職がサラリーマンだった人にとってはタクシードライバーの業務に慣れるまで1日8時間以上の拘束時間は長いと感じる人が多いようです。実際には週に40時間の勤務であることに変わりはなくサービス残業が当たり前だった会社員時代より時間的には余裕があるはずです。(前職がブラック企業だと違うかもしれませんが)
勤務形態について事前にタクシードライバーになるときに説明をうけていたはずなのですが説明を真剣にうけとめずに軽い気持ちでタクシードライバーになる人が多いというのが、一番の原因ではないでしょうか。

 

タクシードライバーの業務をよく知らない人の中にはタクシードライバーの仕事といえば「車を流して、または駅などでお客さんを待っていれば、売上はあがる、一人で気楽に働ける」とか「他に仕事先も見つからないので、とりあえずタクシーの運転手でもやるか」と言った軽い気持ちで考えてる節もあります。そして就職する人も同じ意識でタクシードライバーになった人も少なくはありません、当然ですがそのような人は長続きはするはずがありません。

 

タクシードライバーは、タクシー会社に所属しタクシー会社から給料を受けとります。業種内容が違っていても会社組織に属し会社から受け取るのは今までのサラリーマンと同じじことです。その点の意識は低いままだと競争の激しいタクシー業界で生き残るのは難しくなります。

 

低い意識のまま働いていても歩合給という給与形態は「自分の売上で稼ぐ」という意味で

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

会社員時代とは大きく違ってきます。形としてはサラリーマンですが、個人事業者にも似た形で稼ぐ気持ちが必要となってきます。黙っていてもお客様が増えることもないですし悪い評判が目立つようになれば会社から自主退職を勧告される場合もあります。お客様を載せた分だけ給料が増えるタクシードライバーという職業は怠けグセのある人にとってはまったく稼げない職業と言えます。

 

タクシードライバーにはサービス業としての対応が求められるケースが多々あります。決して「黙ってお客様を乗せるだけ」が満点と評価されない仕事です。お客様と適度な距離を保ちつつ不快感を与えないよう対応や言葉使いにも気を使う必要があります。そして丁寧すぎると「くどい」と逆評価されるケースもあり個人の資質が顕著に現れるパートです。

 

観光で訪れたお客様から質問される観光情報や地元の情報もそつなくこなす案内できる能力も必要なケースもあります。もしくは上客のお客様の場合では言葉使いや礼儀作法をちゃんと備えていないと使ってもらえない場合も出てきます。

 

このようにサービス業としてのタクシードライバーの業務内容についていけない人やコミュニケーションを取るのが苦手な人の場合、会社がサービス改善による売上アップを目標とした際に居づらくなり辞めてしまう事もあります。

 

過剰なサービスは必要ありませんがお客様の要望に応える姿勢と向上心、そして常に交通情報を把握する研究心はタクシードライバーに必要なものと言えます。向上心なくタクシーの中で時間を潰すだけでは給与もあがりませんし、売上をあげるために深夜帯中心のシフトに移り生活リズムを乱し健康を損なう可能性もあります。

 

タクシードライバーは会社員時代と違いチームとして頑張るのではなく個人として頑張る面が強くないと自分の生活向上につながらない職種です。その点が理解出来ない人はすぐに辞めてしまう。その結果として慢性的な人手不足な業種となっているのでしょう。

 

もちろん、やる気に満ちて営業成績がよい人でも辞めるケースはあります。辞める理由の中で最も多いのが健康上の問題です。運転席に長時間座り続けるので筋肉がこわばり腰痛になるリスクが高い、食事時間が不規則となり食事バランスが崩れて体調不良に陥りやすい、ストレスが原因で仕事自体がイヤになったという理由で自ら辞める人もいます。

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126