タクシードライバーストレスの原因

タクシードライバーの仕事は狭い車内という空間で長時間いるのが特徴ですが、長時間同じ体勢を続けることで様々な病気になりやすく、いわゆる職業病を治療せず放置していると症状が悪化し最悪の場合働けない身体になる可能性もあります。そこでストレスを未然に防ぐために病状と対策についてご紹介していきます。

 

腰痛

1日中同じ姿勢で長時間働くタクシードライバーがもっともなりやすい病気と言えば「腰痛」です。原因は、長時間同じ姿勢を続けることで筋肉が固まり腰への負担がかかるためです。筋肉が固くなることで腰だけでなく、肩や首などにも負担がかかり「肩こり」の症状も引き起こすドライバーがおおいようです。

 

対策として小まめな休憩と筋肉が固まらないよう軽く体を動かす、特に軽いストレッチは筋肉をほぐすのに有効です。筋肉を使わない状態が続くと使わない筋肉が落ちやすくなりますが、運転中は筋肉を動かさないのでお尻や足、腰などの筋力が落ちてしまう傾向があります。

 

これらの予防策は簡単な筋トレや散歩で充分に防げるので休日などほんの数十分程度でよいので体を動かす習慣をつけておくと良いでしょう。

 

尿路結石

タクシードライバーによく起こる病気の1つに「尿路結石」が挙げられます。

この症状が発生する理由としては運転中は自由にトイレに行けない事や水分を取るのを我慢することなどが原因と言われます。尿路結石症の症状は尿道が結石によって尿の通りを阻止してしまうことで激痛が走るのが特徴です。

 

一時的に痛みが引いたからと言って放置すると後年に腎臓が拡張、尿を生成する腎実質が薄くなり腎機能の低下へとつながり、そこから血液の病気など発症する可能性があるそうです。

 

対策はただひとつで医師に「尿路結石」と診断された場合は治療が終了するまで通院と薬を服用するしかありません。簡単な予防法としては1日に2リットル程度の水分を取るのが良いそうです。また、トイレを我慢しないこと、休憩は小まめにとり水分を多く取り尿量を多くする、適度な運動をすることによって未然に防ぐことが可能です。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

食事をとる時は食塩やビタミンC、動物性タンパク質などの過剰摂取は控えること、夏場は特に汗も出るので塩分の高い食べ物はなるべく控えると良いでしょう。次に肉・魚・卵などの動物性タンパク質を過剰に摂取するのも控えて下さい。脂肪やコレステロールが体内に溜まり過ぎると肥満化、さらに慢性化して糖尿病になると一生、糖尿病と付き合うことになります。

 

ストレスが原因による心臓病

タクシードライバーの仕事はお客様を目的地へ迅速かつ安全に送り届けることですが、場合によってはお客様の都合にあわせて時間を優先するケースもあります。原則としてタクシードライバーには国土交通省の定めにより決められた労働時間内を守るように推奨されていて、その時間内で売上を上げるというハードルがあります。

 

時間を守れば売上が落ちる日も当然出てくるので売上が欲しいタクシードライバーにとって時にストレスを溜めこむ結果となる事もあります。ストレスが胃や腸、そして心臓病にダメージを与えることもあります。

 

もちろん、ストレスだけですぐに心臓病になったりはしませんが、待機中に煙草の吸い過ぎなど血液の循環が悪くなるといった原因が重なり、大きな病気へと発展してしまいます。ストレスの予防はゆとりある時間と心持ちを作ることしかありません、たとえばもし、ノルマがきつくて今の会社では身が持たない、ストレスを感じると言う人は職場環境を変える、またはタクシードライバーという職種から離れるのもひとつの解決方法と言えます。

 

タクシードライバーにありがちな病気の予防法

前述したような病気にならないためにも、タクシードライバーが心がける予防方法として下記を心がけるとよいでしょう。

 

1:適度な運動
2:バランスの摂れた食事
3:ストレスをためない職場環境

 

の3つになります。

現役のタクシードライバーに限らず生活習慣病に悩む人の多くが1と2が原因による病気発症がおおく、これらの病気は年数と共に蓄積されて徐々になっていく病気なのが特徴です。予防方法としては上記3つを心がけて普段の生活習慣を見直すことから始めるしかありません。

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126