求人人気の高い女性タクシードライバー

タクシードライバーをしている女性はまだ珍しいと思われがちです。 確かにタクシードライバーは男性が大半を占める職業の代表格のひとつです。最近では若いタクシードライバーの男性も増えていますがまだまだ年配の男性が多いのが実情です。

 

そんな業界の中で女性タクシードライバーはまだ珍しい存在といえるかもしれません。 若い男性も稼げる職業として認知されつつあるタクシードライバーの求人はこれからますます人気になるかもしれません。

 

そんな中で最近は特に女性ドライバーが増えてきています。以前と違い最近では女性でもタクシードライバーの求人に応募し、就職される方もかなり増えています。女性タクシードライバーを対象とした求人広告も見かける機会が増えています。

 

タクシードライバーは特に経験や資格も必要なく誰でもすぐに働けることができる特徴が魅力的だからなのかもしれません。さらにOLやパート求人と較べても福利厚生の充実、35万円以上の最低給与保障や高い歩合給も魅力ある求人として人気の理由となっています。

 

中には年収500万円ほどを稼ぐ女性ドライバーも出てきているようです。女性タクシードライバーの中にはシングルマザーとして子育てと仕事を両立させるため夜勤が難しいという方もいますが、その対策として昼間のみ勤務というシフトの求人も数多く掲載されています。

 

女性タクシードライバーの方の多くは男性タクシードライバーと遜色ない運転技術もあり、男性と女性関係なく業務を遂行できる能力があります。 また、男性よりも丁寧な運転や心配りが細やかで安心するという意見も多くなっています。

 

タクシードライバーの業務シフト

タクシー運転手の勤務時間帯には3タイプあります。その中で、一番多い勤務が昼日勤となります、言葉の通り昼間の間だけ乗車する勤務形態です。 女性タクシードライバーが希望する勤務時間も昼日勤に集中する傾向が強いようです。

 

もちろん人により勤務形態のパターンには違いがあり日中は別の職場で働き週何回か夜勤務のシフトをこなす女性タクシードライバーも存在します。時間帯こそ違いますが、タクシー運転手の仕事パターンは同じ行程を繰り返します。

タクシー業界で転職・就職なら「タクQ」で探そう!

 

女性タクシードライバーにとって昼日勤が一番働き易い時間帯の理由は子育ての時間と両立しやすい点です。日中は普通のサラリーマンや会社員等も働いている時間帯であること、子供を保育園、幼稚園に預ける間に働ける時間帯であることが人気の理由です。

 

逆に不人気なのが深夜から早朝にかけての勤務であり、やはり子供を家において仕事に行くのが難しい、子供がまだ幼いので目が離せないという理由で夜勤勤務は出来ればやりたくない女性タクシードライバーが多いのも特徴です。

 

しかしながら、お金をとにかく稼ぎたい人は積極的に夜勤シフトにはいるケースもあるようです。まだまだ少数ですが週5日勤務ではなく週4日ほど夜勤シフトに入り残りの3日は休養にあてる、子どもとの時間を多くとるスタイルも生まれてきています。

 

タクシー運転手の勤務時間はとても長いのが特徴ですが 拘束時間が21時間と言うケースも稀に発生することもありますが自分で勤務シフトを選べる会社であれば働き易い仕事のひとつと言えるでしょう。ただし、歩合制を採用している会社もあるので勤務シフトによっては稼ぎが少なくなる点も考慮する必要はあります。

 

シングルマザー、子持ちに人気のあるタクシードライバー

前述したように最近では女性のタクシードライバーへの転職が増えてきています、男性メインだった職業から少しづつですが女性を受け入れる業界へ変化してきているようです。女性タクシードライバーの多くがお子さんを持っている共働きかシングルマザーの方がおおく、その次にOLやパート業務からの転職組となっています。

 

女性タクシードライバーが増えた理由としてタクシー会社の求人内容が女性の置かれてる状況を考慮していること、パートやアルバイトよりも断然給料が高いこと、育児を優先した女性にも門戸を開いてる点などが女性タクシードライバーが増えてきている理由のようです。

 

中には育児所を設けることで女性タクシードライバーの数を確保しお客様へのサービス向上を図る会社もあるそうです。

 

給与面でも固定給の保証と歩合給の組み合わせで通常の会社より多く収入を上げることも可能なので女性タクシードライバー希望する人が年々、増えています。男性ドライバーよりも女性ドライバーのほうが継続して在籍しているタクシー会社もあるほどです。

 

 

 

非公開のタクシー求人で、高収入を狙うなら、こちらに登録しないと損ですよ!

dw_lp_a_20141126